昼間の観光で伊良部島・下地島の美しい海や絶景を堪能されたと思います。
実は夜の伊良部も見所が一杯です。
せっかくここまで来たのだから、まるよしに泊まって夜の伊良部島・下地島を探検してみましょう。

番外編はまるよし「よもやま話」【伊良部の自然】「伊良部を極める旅」【夕日を極める】をご参照ください。

<佐和田の浜の夕日>
人気の観光スポット。幻想的な風景が楽しめます。
雲を染める入り江の夕焼けも綺麗です。
佐和田の浜夕日1 (1024x684)
入江夕焼け (1024x684)

日の入の時間、月齢などはこちらで確認してください。

【夕日・夕焼けの関連記事はこちらから】

<ホタル>
伊良部島では1年を通してホタルが見られます。
伊良部島のホタルはゲンジボタルやヘイケボタルとは違って森のホタルです。
清流が無くても生息できます。
道端の草の中をジッと見てください。
成虫が乱舞していない時でも、幼虫が灯りを点滅させています。

探検のポイント
下地島空港管制塔付近やキャンプ村東側付近で比較的高い確率で遭遇できるようです。近場のポイントはマイペース伊良部旅その2をご参照ください。

【ホタルの関連記事はこちらから】


<星空>
灯りが少なく、空の広い伊良部島では星空が綺麗に見ることができます。
満天の星とはまさしくこの事。
天の川はもちろん、流星群の頃には流れ星がたくさん見られます。
月の暗い時期には星影がハッキリと映ります。

探検のポイント
当然の事ながら、明かりの無い所ほどよく見えます。下地島まで行けば、ほとんどどこもがポイントです。近場では伊良部中学校裏手やまるよしの屋上でも大丈夫ですよ。
月明かりの暗い新月の時期がお勧めですが、月の出が遅い日は満月近くの時期でもバッチリです。月の出の確認はこちらから。


<オカガニ>
オカガニは池間島が有名ですが、伊良部島でも6月から10月の満月の大潮の頃に産卵のため海に移動します。大群で移動する光景は壮観です。
オカガニ (1024x736)


探検のポイント
国仲の交差点を下地島空港方面へ右折して、一本目の道を左に曲がります。そこからまるきスーパーへ向かう入り江沿いの道が絶好のポイントです。6月頃にはぞろぞろ出没しますが、その時期以外にも徘徊します。日が暮れて暗くなるころから9時くらいまでが良いようです。

オカガニの関連記事はこちらから



<その他の動物>
ヤモリがまるよしのガラスにへばりついて、灯りに寄ってくる虫を食べています。
ヤエヤマオオコウモリが木の実を求めてバサバサと飛び回ります。
ヤシガニがアダンの実を食べに海辺を徘徊します。
天然記念物に指定されているオカヤドカリも一周道路を這い回ります。
蚊に刺されないように長袖着て、観察してみましょう。

ヤモリ
ヤシガニ
探検のポイント
ヤモリは寒い時期を除いて、もれなくまるよしの食堂のガラスに寄ってきます。
ヤエヤマオオコウモリはまるよしの裏手でも日常的に目撃されます。高い木があったら見上げてみましょう。懐中電灯を照らすと目が光ります。
ヤシガニは一周道路をゆっくりドライブしてみましょう。運が良ければその巨大な姿がヘッドライトに浮かびあがります。
ヤシガニ探しに行くと高い確率でサザエ等の貝殻をまとったオカヤドカリに遭遇します。

【ヤエヤマオオコウモリの関連記事はこちらから】
【ヤシガニの関連記事はこちらから】


トップに戻る