宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

<まるよし人間模様>
兵庫県からいらっしゃるAさん親子は、今年で3年連続で伊良部島を訪れました。
まるよしには毎年お食事に来て頂いていますが、今年は宿泊もして頂きました。
二人の小さなお子さんは、毎年海遊びの他にもタカラガイのアクセサリーづくりに挑戦します。
初めて挑戦したときは、貝やビーズと格闘して結構時間が掛かりましたが、今年は短時間で自分だけのオリジナルアクセサリーを完成させました。
慣れのせいもあるのでしょうが、改めて子供の成長に驚かされます。
そもそもAさんが宮古島を訪れるきっかけは、同僚のMさんが長年宮古島通いをしているためで、今年もMさんと一緒でした。
今年は更に輪が拡がり、他の同僚や伊良部島繋がりの友人も加わって、宴会がまるよしの座敷を占領するほどでした。
人の繋がりは面白いもので、人生を豊かにします。
まるよしも少しでも力になれたら嬉しい限りです。
あわせて、まるよしにお泊まりの方は期間限定で行っている、タカラガイのアクセサリーづくりにもトライしてみてください。
アクセサリー作り01 アクセサリー作り02 (768x1024)アクセサリー作り03 (768x1024)


まるよしよもやま話(まとめ記事)
んきゃーん(昔の)伊良部】へ
んなまぬ(今の)伊良部】へ
伊良部の日常】へ
伊良部の風物詩】へ
伊良部の自然】へ
伊良部の不思議】へ
まるよし人間模様】へ


トップに戻る