民宿まるよし公式サイト(旧 民宿まるよし公式ページ)

伊良部島の民宿まるよしの公式サイトです。 民宿まるよしのご宿泊・お食事・お土産の詳細情報や伊良部島の見所などまるよしの最新情報を発信します。

伊良部島の民宿まるよしの公式サイトです。
民宿まるよしのご宿泊・お食事・お土産の詳しい情報や伊良部島の旅の見所などまるよしの最新情報を発信します。

【スマートフォンでご覧の方は画面左下のPCモードでパソコンサイト(広告非表示)でもご覧頂けます】

民宿まるよしは郷土料理が併設された宿です。
民宿の家庭的な雰囲気とプチホテルのような快適さを備えています。

食事だけのご利用もできます。
メニューの多くに島の素材を使っているのでいつでも新鮮な料理が味わえます。

観光客の皆様や地元の方々にもご利用いただいています。
02 01まるよし1 (1024x576)
【すべての写真はクリックすると大きな写真がご覧いただけます】

所在地 宮古島市伊良部字国仲86-12 (伊良部郵便局そば)
電 話 (0980)78-5567
駐車場 あり
【地図はこちら

<ホームページについて>
民宿まるよしではこれまで、ホームページ「民宿まるよし公式ページ」を公開して参りましたが、民宿まるよしの宿泊予約がオンラインでできる公式ホームページ【公式HP】民宿まるよしを新たに開設いたしました。
「民宿まるよし公式ページ」は「民宿まるよし公式サイト」と名称を変更して、民宿まるよしの公式ブログとして、引き続きまるよしの最新情報を発信してまいります。看板05(728x243)





続きを読む

宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

にがな (1024x693)<伊良部の日常>
ニガナは沖縄では古くから薬草として使われ、ビタミン・カルシウムが豊富な沖縄野菜として有名です。
ニガナという名前の植物は別にも有るそうで、沖縄では和名ホソバワダンというあまり聞いたことのない植物をニガナと呼んでいるそうです。
ニガナは伊良部島でもあちこちに自生しています。
宮古島ではニガナは「んぎゃな」と宮古島らしく「ん」ではじまる名前で親しまれ、居酒屋のメニューに並びます。
伊良部島でも郷土料理で食され、葉の苦味が身体をさっぱりさせてくれます。
まるよしでも島豆腐との和え物などで食べる事ができ、酒のつまみにもピッタリです。
ニガナはまるよしの駐車場にもあって、在庫が無くなるとスタッフが外に出て葉っぱを切って来ます。

【過去のまるよし「よもやま話」はこちらから】

トップに戻る

観光に、お仕事にご利用ください。

沖縄で最も美しい海のひとつといわれる海でのダイビングやシュノーケリングを楽しみたい方・・・
島の自然の中で時の流れに身をまかせてユックリと過ごしたい方・・・
郷土料理で島酒を味わいたい方・・・など

ご宿泊をお待ちしています。
家庭的な雰囲気とくつろげるきれいで清潔な部屋、便利な設備でわが家にいるようにリラックスできます。
ファミリーや女性の一人旅でも安心して快適に過ごせます。

宿泊(素泊まり)4000円01 02渡口 (1024x576)
宿泊(朝食付き)4500円
【料金は税込み】
長期滞在割引・団体割引あります。
(最大10%)
【長期滞在・団体の方はご相談ください】
チェックイン 午後1時から午後8時まで
チェックアウト 午前11時

電 話(0980)78-5567
FAX(0980)78-5589
ご宿泊の予約は電話でお願いします

<インターネット予約について>
民宿まるよしの公式ホームページ【公式HP】民宿まるよしのページからインターネットで宿泊予約が出来るようになりました。
インターネット予約については楽天トラベルじゃらんnetるるぶトラベルのページでもご確認ください。

電話予約は引き続き行っていますので、まるよしに直接お電話ください。
ネット予約のページで空室が無い場合でも、空き部屋がある場合があります。

【電話予約とインターネット予約では料金が異なる場合があります】02 02まるよし看板 (1024x667)
まるよしに泊まって気さくな地元スタッフと交流すれば、ガイドブックには載っていないリアル伊良部が体感できますよ。

続きを読む

客室は全室個室(ツイン、シングル)になっています。
ファミリー、団体用に大部屋もあります。
【ファミリーや友人同士のご利用にはほがらかやもお勧めです】

【まるよしの内部の様子や周辺の風景はフォトアルバムでご覧いただけます】

<客室タイプ>
洋室(個室)、和室(個室)、和室(大部屋)

<客室内設備>
各部屋にテレビ、浴室・WC(ユニットバス)、エアコン、冷蔵庫完備

<アメニティー>
シャンプー、リンス、タオル、バスタオル、歯ブラシ、ひげそりあり
ドライヤーあり
浴衣をご希望の方はお声かけください。
パジャマはありません。

<その他の設備など>
コインランドリー、レンタサイクル(無料・予約制)もあります。
ダイビング器材の物干し場もあります。

<ライフジャケットの貸出し>
民宿まるよしに宿泊されるお客様にライフジャケットを貸出します。
近年、伊良部島でも水の事故が発生しています。
シュノーケリングや海遊びをする際は安全のため、ライフジャケットの着用をお勧めします。
貸出しご希望の方はお申し出ください。

貸出し料金 1着 200円
子供用もあります。
【数に限りがあるため、在庫が無い時はご容赦ください】

洋室
01 04洋室1  (1024x575)

続きを読む

昨年8月1日、民宿まるよしが新たな宿泊施設、島の家(しまのや)ほがらかやをオープンしました。2LDKのコンドミニアムタイプでファミリーや気の合ったグループでのご利用や連泊に最適です。

場所はまるよしの駐車場の隣の2階にあります。
キッチンがついているので自炊する事も出来ますし、まるよしで食事する事も出来ます。

長期滞在でのご利用も出来ます。
【長期滞在については、割引がありますのでご相談ください】
予約は電話で受け付けています。
住むように過ごす新しいタイプのまるよしライフを是非ご体験ください。

<ご利用料金>
4名まで一泊(食事なし)14,000円【税込み】
5名以上は一人につき   2,000円 追加
ほがらかや看板02
【朝食はまるよしで500円でご提供できます。
ご予約の際にお申し込みください。】

<チェックイン・チェックアウト>
チェックイン  午後1時から午後8時まで
チェックアウト 午前11時

【チェックイン、チェックアウトは民宿まるよしでお願いします】

ご宿泊の予約は民宿まるよしに電話でお願いします。
電話 0980(78)5567

<インターネット予約について>
公式ホームページ【公式HP】島の家ほがらかやのページからインターネットでも宿泊予約ができます。インターネット予約については、楽天トラベルじゃらんnetるるぶトラベルのページでもご確認ください。

【電話予約とインターネット予約では料金が異なる場合があります】
ほがらかや看板01
詳細は続きをご覧ください。

続きを読む

島の食材を使った新鮮な郷土料理が味わえます。

名物のジャンボカツカレーをはじめ、アーサのてんぷら、肉そば、とんかつチャーハン、ナスみそいため、フーチャンプルなどメニューは豊富でどれもボリュームたっぷりです。

平日は500円の日替わりワンコインランチがあります。
夜は居酒屋メニューもあります。

営業時間
午前11時から 午後 3時30分 (ラストオーダー午後3時)
午後 6時から 午後10時30分 (ラストオーダー午後9時)
年中無休(休みは不定休)

ジャンボカツカレー  750円
ナスみそ定食     700円
とんかつチャーハン  850円
肉そば        700円 など

【メニューによっては季節や天候、売り切れなどでご提供できない場合があります】

<ジャンボカツカレー>
01 32-2 ジャンボカツカレー2 (1024x804)

民宿まるよしのデカ盛りメニュー誕生秘話は、沖縄離島博覧会【リトハク】のウェブページで紹介されています。詳細はこちらから
大盛り腹いっぱいになる店 (759x245)
 

続きを読む

完食証ウラ (670x1024)完食証 (723x1024)当店の名物ジャンボカツカレーの「完食証」を作成しました。
昨年4月10日から、ジャンボカツカレーを完食した方にお渡ししています。

一人で完食した方に限ります。
挑戦する方は注文時にスタッフにお声を掛けて下さい。
売り切れの際はご容赦ください。
ジャンボカツカレーの店 (418x142)

 

 

トップに戻る

ずみそば完食証ウラ (665x1024)ずみそば完食証 (667x1024)当店のジャンボシリーズ第2弾だいずズミッそばの「完食証」を作成しました。昨年9月8日から、だいずズミッそばを完食した方にお渡ししています。

ジャンボカツカレーを完食したあなた!
ジャンボカツカレーを完食できなかったあなた!
ジャンボカツカレーの完食はとても無理だとあきらめていたあなた!

リベンジや新たなチャレンジをお待ちしております。

一人で完食した方に限ります。
挑戦する方は注文時にスタッフにお声を掛けて下さい。
売り切れの際はご容赦ください。

トップに戻る

昼間の観光で伊良部島・下地島の美しい海や絶景を堪能されたと思います。
実は夜の伊良部も見所が一杯です。
せっかくここまで来たのだから、まるよしに泊まって夜の伊良部島・下地島を探検してみましょう。

番外編はまるよし「よもやま話」(後編)【伊良部の自然】、「伊良部を極める旅」【夕日を極める】をご参照ください。

<佐和田の浜の夕日>
人気の観光スポット。幻想的な風景が楽しめます。
雲を染める入り江の夕焼けも綺麗です。
佐和田の浜夕日1 (1024x684)
入江夕焼け (1024x684)
日の入の時間、月齢などはこちらで確認してください。

続きを読む

まるよしのお土産をレジの横で格安で展示販売しています。
いずれも手づくりです。
まるよしでしか手に入らないオリジナルグッズもたくさんあります。
伊良部島の想い出にいかがですか?

“おばぁ手づくり”紅型コースター・紅型巾着、星砂スタードーム、“海の宝石”タカラガイのアクセサリー などいろいろあります。

紅型コースター(各種)     250円~
紅型コースターと竹塗箸のセット 350円
タカラガイのストラップ     300円
タカラガイのチョーカー     500円
タカラガイのブレスレット    450円
星砂スタードーム        350円  ほか

紅型コースター
01 01-0かりゆしウェアコースター (1024x588)
竹塗箸
02 09-1竹塗箸 (1024x492)
タカラガイのチョーカー
03 チョーカー 3 (934x1024)
タカラガイのブレスレット
キーホルダー青

 

続きを読む

初めて宮古島に訪れた時には、宮古諸島の景勝地や観光地を巡って美しい景色を存分に味わい、綺麗な海を満喫されたと思います。
2回目の旅では伊良部島に滞在して一点集中で伊良部を極める旅はいかがですか?
下地島空港 (960x1280)
伊良部島は適度な大きさで移動する距離や時間も短く、一日の間に色々な事を楽しめます。
伊良部大橋が架かって間もない事もあり、人の手がはいっていない美しい自然の風景が数多く残されています。

また独特の伝統や風習もより濃く残っていて、昔ながらの沖縄を感じることができます。
沖縄好きの方にはたまらない、ゆったりとした時間が流れる魅力あふれる島です。

初めて宮古諸島を訪れる方でも絶景の伊良部大橋を渡れば簡単に宮古島にも行く事ができます。

伊良部島に泊まって普通の観光地めぐりよりディープな旅を経験してみてください。

この旅ではシュノーケルやビーチコーミングを楽しめるハマ、色々な風景に出会える伊良部の道、様々な夕日の景色やマンゴー、星空、絶景、文化財などを極めていきます。

<ハマを極める>
(シュノーケリング編)
伊良部島、下地島には透明度の高い美しいビーチが数多くあります。
ほとんどのハマでビーチエントリーが出来て、シュノーケリングでもタップリ楽しめます。

色々なハマを巡るのも楽しいですが、一つのハマを極めるのも楽しいですよ。
同じビーチでも満潮時や干潮時で姿を変えますし、大潮、小潮など潮周りによっても変化します。
また午前中、日中、夕方の時刻によっても海の生き物の動きが変化します。

サンゴの種類の多さやカラフルな魚の数では中の島海岸が有名ですが、滑走路南側のピサピシも意外と変化に富んでいます。
カクレクマノミも多く見られます。

南風が強い時は白鳥崎方面の北側のビーチが波が穏やかです。
他にもビーチがありますがそれぞれ特徴があります。
お気に入りのハマを見つけたらそのハマをとことん極めてみましょう。

フナウサギバナタ付近
フナウサギ下  (1024x574)
カッフィ
カッフィ (1024x575)
はじめに潮の流れや潮周りなどの情報を収集して安全を確認したら、まず海底の地形を覚えましょう。
特徴のある珊瑚や水路などの位置などを覚えて自分の位置が確認出来るようにします。
カクレクマノミやシャコ貝、デバスズメダイなど移動しない生物を目標にする方法もあります。

場所を覚えたら余り動き回らずに同じ場所でじっと観察するのも一つの方法です。
ミノカサゴやシャコ、タコ、ウミヘビなどが観察できたり、シャコガイ、クモガイ、サザエ、スイジガイなども見つけられるようになります。

季節によってはアイゴ、イワシ、キビナゴなどの稚魚幼魚の大群に遭遇する事もあるし、小潮の満潮時にリーフの内側で海亀と一緒に泳いだ人もいます。

白鳥崎
白鳥崎3 (1280x661)
中の島海岸のイワシの群
イワシ (1280x757)
滞在中は毎日同じハマに入ってみてください。
同じハマでも新しい発見が必ずあって楽しいですよ。
ただし安全には万全の配慮をして下さい。 

安全については「宮古島ガイドブック‘16-‘17」の「シュノーケルをする時の注意」(24ページ)、「気をつけよう海の危険生物」(25ページ)をご参照ください。
ダウンロードはこちらから。

<ハマを極める>(ビーチコーミング編)、<道を極める>、<夕日を極める>、<マンゴーを極める>は続きをご覧下さい。
<文化財・パワースポットを極める>はこちらから
 

続きを読む

ストラップ
民宿まるよし、島の家ほがらかやに電話で宿泊予約をされたお客様にタカラガイのストラップをプレゼントします。

幸せを呼ぶという伊良部島産のキイロタカラガイで作ったオリジナルストラップです。

まるよしに宿泊予約の際にプレゼントのキーワード「ほがらかさん」とお伝え下さい。
ストラップはご宿泊の際にお渡しします。

なおストラップが無くなり次第、プレゼントは終了します。


トップに戻る

初めて宮古島に訪れた時には、宮古諸島の景勝地や観光地を巡って美しい景色を存分に味わい、綺麗な海を満喫されたと思います。
2回目の旅では伊良部島に滞在して一点集中で伊良部を極める旅はいかがですか?
伊良部島は適度な大きさで移動する距離や時間も短く、一日の間に色々な事を楽しめます。伊良部大橋が架かって間もない事もあり、人の手がはいっていない美しい自然の風景が数多く残されています。
また独特の伝統や風習もより濃く残っていて、昔ながらの沖縄を感じることができます。沖縄好きの方にはたまらない、ゆったりとした時間が流れる魅力あふれる島です。
初めて宮古諸島を訪れる方でも絶景の伊良部大橋を渡れば簡単に宮古島にも行く事ができます。伊良部島に泊まって普通の観光地めぐりよりディープな旅を経験してみてください。

今回は伊良部島の文化財やパワースポットを極める旅の一片をご紹介します。

シュノーケルやビーチコーミングを楽しめるハマ、色々な風景に出会える伊良部の道、様々な夕日の景色やマンゴーを極める旅はこちらをご覧ください。

<文化財・パワースポットを極める>
宮古島には様々な文化財や天然記念物、史跡、名勝、遺跡などがありますが、伊良部島にも少なからず存在します。代表的な場所は下地島の通り池ですが、そのほかにも色々あります。
それらの場所は近年パワースポットとして知られる場所と重なる場所も多いようです。
伊良部島は神高い島として知られています。海や絶景の観光地巡りだけでは味わえないディープな体験ができます。興味のある方は是非訪れてみてください。

<通り池・なべ底>
下地島の通り池は観光の定番になっている一番の有名スポットです。海と繋がっている二つの池が神秘的な青い水を貯えています。
宮古諸島5島巡りのようなパック旅行や島内ツアーのお客さんが必ず訪れるスポットです。国指定の名勝・天然記念物になっています。
「よなたま伝説」「継子伝説」などが伝わっています。

通り池

通り上池02 (1024x692)
通り下池 (1024x684)
通り池から先に続く木道は途中で壊れていますが、その先になべ底があります。
生まれ変わりのパワースポットとして知られています。
行かれる方は長袖長ズボンに歩きやすいシューズのほかに軍手の携帯をお勧めします。
転ぶと大怪我の恐れもありますので自己責任で慎重に行ってください。

なべ底
なべ底01 (1024x691)
なべ底02 (1024x692)

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

レンタカーで観光するのも良いけれど、伊良部島に滞在してゆったりとマイペースで過ごすのはいかがですか?
クルマが無くても大丈夫!伊良部島の過ごし方の一例を紹介します。

まずは民宿まるよしに宿泊予約してください。
レンタサイクルの予約も忘れずに  【レンタサイクルは無料です】

【マイペース伊良部旅で出会える風景はフォトアルバムでご覧いただけます】

その1<宮古空港からまるよしまで>
空港からは路線バス(宮古協栄バス)またはタクシーで平良港(結節地点)まで行きます。
平良港から路線バス(共和バス)を乗り継いで伊良部島に向かいます。

まるよしの最寄のバス停は「国仲公民館前」ですが、運転手さんに“国仲のまるよしまで”と伝えるとまるよしの前で降ろしてくれます。

【路線バスの時刻表など詳しい情報はこちらから】

「空港ターミナル前」から「平良港」に行くバスは本数が限られています。
「空港ターミナル前」発予定時刻は9時35分、11時56分、14時17分、16時56分があります。
「平良港」到着予定時刻はそれぞれ9時55分、12時10分、14時32分、17時10分です。

空港ターミナルバス停
02空港ターミナルバス停(1024x684) 

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

その2<まるよしに着いてから>
まるよしに着いて一休みしたら、自転車で出かけてみましょう。
まずは近場で足慣らしです。

白砂が美しい渡口の浜あたりがお手頃です。(片道約2キロ)
伊良部橋から見る渡口や入り江の景色も綺麗です。

まるよしを出て国仲の信号を右折します。
一つ目の道を伊良部大橋方面に左折します。
右手に入り江を見て1キロほど行くと伊良部橋が見えてきます。

伊良部橋からは渡口が見渡せます。
左右にはサンゴの白砂がまぶしい渡口の浜が広がります。

渡口の浜
01 渡口の浜3 (1024x576)
入り江
02 伊良部橋入り江 (1024x576)
製糖工場には12月から3月にかけて収穫したサトウキビが山積みされ甘い香りが漂います。
近くには巨石墓、フナハ井戸、ダキフガーなどの文化財やビーチコーミングに適した海岸もあります。

製糖工場
03 製糖工場 (1024x576)
渡口の浜南のビーチ
04 22渡口の浜南のビーチ (1024x684)
伊良部島には御嶽(ウタキ)や拝み所がたくさんあります。
地元の人々には神聖な場所です。
立ち入らないようにしましょう。

【マイペース伊良部旅その2で出会える風景はフォトアルバムでご覧いただけます】 

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

その3<自転車に乗って伊良部を体感(伊良部島編)~午前中>
今日は自転車で、ノンビリと伊良部を巡ります。
脱水症状にならないように水分を持っていきましょう。

伊良部の道は整備されていてきれいですが、その反面スピードを出す車も多く見られます。
また優先道路がわかりにくい場所があったり、サトウキビで見通しの悪い場所もあります。

時間はタップリあります。
安全運転で行きましょう。

午前中は半日かけて、牧山展望台からサバ沖井戸を経て、一周道路を時計と反対周りに伊良部島の北側を半周します。
(平均走行時間約2時間+観光 約1時間、行程約24キロ)

まるよしを出て、国仲の信号を左折して佐良浜方面に向かいます。
少しアップダウンがありますが、2.5キロほどで伊良部高校の点滅信号に着きます。

牧山までのルートは色々ありますが、今回は交差点を長山港方面に右折します。
600
mほど走ると伊良部線との交差点に宮古島まもる君が居ます。
2014年2月の配置換えで伊良部高校の交差点から勤務地がかわりました。

伊良部高校交差点に勤務時代のまもる君
01 まもる君 (1024x664)
ここを左折して佐良浜中学に向かうと右手の奥に鉄塔が2本見えます。
鉄塔の先が牧山展望台です。

佐良浜中学の信号を右折しても良いですし、その手前の農道を右折してもたどり着きます。
鉄塔の先を目指して案内板をたよりに行ってみて下さい。
(まるよしから牧山展望台まで約8キロ)

牧山展望台
02 牧山展望台 (1024x684)
牧山から
03 牧山展望台からの大橋 (1024x573) 
【マイペース伊良部旅その3で出会える風景はフォトアルバムでご覧いただけます】

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

その4<自転車で伊良部を体感(下地島編)~午後から夕方>
昼寝から目覚めたら、今度は下地島を一周します。
途中には中の島ビーチ、帯岩、通り池、下地島空港、魚垣、佐和田の浜などガイドブックに載っている観光地が目白押しです。
(平均走行時間約1時間15分+観光 約2時間、行程約14キロ)

シュノーケルをする人は前かごに海グッズを積んで行きましょう。
海に油断は禁物です。
危険な生物や離岸流などがあります。

出来るだけ地元の人から情報を得ましょう。
潮どまりの時が比較的安全です。
潮まわりの確認はこちらから。

道はほぼ平坦ですが、風が吹くことが多いです。
風が強い場合は風向きによって、周り方でキツさ楽さ加減が違います。
北東からの風が強いときは時計周り、南西からの風が強いときは反対周りが楽でしょう。

今日は時計周りに走ります。
国仲の交差点を右折して国仲橋を渡ると下地島です。

ガソリンスタンドの先を左折して、ゴルフ場を右手に見て走ると左手に伊良部橋が見えてきます。
そこの五叉路を右折します。(ここまで約1.5キロ)

ここから長い直線です。このあたりではサシバの留鳥が空を舞うことが有ります。

下地シュガーロード
01 下地シュガーロード (1024x638)
【マイペース伊良部旅その4で出会える風景はフォトアルバムでご覧いただけます】

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

その5
<宮古島を巡る路線バスの旅~池間島>
今日は路線バスに乗って宮古島を巡ってみます。
路線バスでは池間島方面、吉野から東平安名崎方面、上野ドイツ村方面、来間島から前浜方面などに行けます。
一日であちこちは行けません。今回は池間島に行ってみます。
10時佐和田発の共和バスに乗ると11時前に「平良港」(結節地点)に着きます。
池間島方面へのバスは「平良」発12時15分なので、宮古島の中心地平良の街を見物がてら「平良」まで歩くことも可能ですし、「平良港」11時54分発の八千代バスに乗って「平良」まで行くこともできます。
八千代バスの「平良」は宮古第一ホテルの北側です。(平良港から約1.3キロ)
宮古協栄バスの「平良」と場所が違いますので注意してください。
12時15分発のバスは大浦湾、南西園、大神島への船がでる島尻港を経て狩俣の集落を走ります。
狩俣を過ぎて池間大橋を渡ると池間島の「漁協前」に12時56分に到着予定です。
運賃は510円です。

池間大橋から
01 池間大橋から (1024x573)
漁協前
02 池間漁協 (1024x568)
運転手さんに頼めば、池間大橋を渡った橋詰広場で降りる事も可能です。
橋詰広場には食堂、土産物屋が並びます。
ここからの池間大橋の眺めは綺麗です。

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

その6<宮古島を巡る路線バスの旅~来間島・前浜>
今日は路線バスに乗って来間島・前浜方面に行ってみます。
下地方面に行く路線バスで来間島まで行くバスは一日一本しかありません。
そんな訳で、往きに路線バスで来間島まで行って帰りは宮古島の最寄のバス停「洲鎌」までを歩くか、往きに路線バスで宮古島の前浜近くの「与那覇」まで行って歩いて来間島に渡り、帰りに来間島からの路線バスに乗るか、どちらかを選ぶことになります。ガッツのある方は往復歩いても良いですが、暑いとちょっとシンドイです。(片道約6キロ)

今回は往きを路線バスで来間島まで行くことにします。
10時または12時佐和田発の共和バスに乗ると50分ほどで「平良港」(結節地点)に着きます。
「平良港」13時25分発の宮古協栄バスに乗って「来間」まで行きます。
「来間」到着予定は13時57分です。

まるよし出発時間によっては乗り継ぎに時間があるので、平良の街を見物したり昼食をとることもできます。
バスは下地線を与那覇方面に向かって南へ走ります。
久松を過ぎると右手に与那覇湾が見えてきます。
上地の信号を左に曲がり「洲鎌」を過ぎて右折して、来間島に向かいます。

帰りは「洲鎌」からバスに乗るので、なんとなく場所を覚えておきましょう。
バスは左手にリーフ、右手に白砂の前浜を望みながら来間大橋を渡ります。
終点の「来間」で降りて竜宮城展望台に向かいます。(展望台まで約400m強)
02来間大橋 (1024x576)
竜宮城展望台からは360度のパノラマの絶景が望めます。来間島の集落や前浜を中心に伊良部島から上野のドイツ村まで見渡せます。エメラルドグリーンの海に目を凝らすとウミガメが息継ぎに浮かんでくるのが見えることがあります。
03竜宮城展望台から (1024x576)
04竜宮城展望台から3 (1024x576)
05竜宮城展望台から2 (1024x576)

続きを読む

~路線バスと自転車で移動、ユックリ目線で伊良部体感~

最終日<まるよしから宮古空港まで>
いよいよ最終日になってしまいました。
伊良部島の旅を楽しんでいただけましたか?
是非リピーターになって、今回出会えなたっか伊良部島の風景を発見してください。
最後にバスからの景色をお楽しみください。
いってらっしゃい!

まるよしから路線バスを乗り継いで空港へ行く場合、平良港から空港ターミナルに停車する宮古協栄バス(空港ターミナル経由、上野・宮国方面行き)は本数が限られています。
「平良港」発予定時刻は11時05分、13時25分、16時05分になります。
「空港ターミナル前」到着予定時間はそれぞれ11時20分、13時40分、16時20分です。
飛行機の出発時間に合わせて決めてください。
20170211バス時刻表 (1024x673)


続きを読む

宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

シンビジュ02 (1024x691)<んきゃーん(昔の)伊良部>
伊良部島一周道路は下地島の一周道路とあわせて、伊良部島観光のメインルートになっています。
橋が架かる前は佐良浜港にカーフェリーが着いたため、時計と反対周りに島を一周するのが観光の基本ルートになっていました。
しかしながら、サバウツガーから次の観光スポットのフナウサギバナタに向かう道路は木が茂り見通しがあまり良くありません。
昔、伊良部島一周道路の工事が終わった当時は松などの植物は背丈も小さく、ドライブしている間は美しいシンビジュの海や池間島がずーっと見渡せたそうです。
かつてどこからでも望めた雄大な景色は、今ではガードレールが設置された木のない場所や最近有名になった三角点と呼ばれる絶景ポイントなど一部の場所からしか見る事ができません。
伊良部大橋が架かると観光ルートにも変化がおきて、行きかう車の数も減ってしまいました。

【過去のまるよし「よもやま話」はこちらから】

トップに戻る

宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介していきます。

<伊良部の自然>
温暖な伊良部では一年中花が咲いています。
沖縄の花と言えばハイビスカス、ブーゲンビリア、デイゴなどがすぐ浮かびますが、ユウナ、トックリキワダなども綺麗な花を咲かせます。
7月と11月頃にはドラゴンフルーツが一夜限りの美しい花を咲かせます。
そんなメジャーな花以外にも数多くの花があります。
特に春からうりずんの頃にはあちこちに咲き乱れます。
車で移動するとそんな花もつい見落としがちです。時間と気持ちに余裕のある方は伊良部の道を歩いてみて下さい。
道端には名前もわからない野の花がヒッソリと誇らしげに咲いています。
伊良部の花01 (1024x691)伊良部の花02 (1024x691)伊良部の花03 (1024x692)

【過去のまるよし「よもやま話」はこちらから】

トップに戻る

2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介します。
「読めば宮古」は今でも宮古島の書店で販売しています。

【んきゃーん(昔の)伊良部】
<自動車教習所(自練)>
以前、佐良浜Aコープの裏手に自動車教習所があったそうです。
伊良部の住人はそこで教習を受け宮古島に試験を受けに行きました。
教習所には駐車場があって、教習を受けに来る人は自家用車で通っていたそうです。ん?
今では橋も架かり宮古島から自動車教習所の送迎のクルマが来ています。

<サメの巣>
佐良浜の漁港付近がまだ今のように埋め立てられていなかった頃、子供たちは学校が終わるとウハルス橋や桟橋近くの海でよく遊んでいました。
大主神社近くにはカツオ工場があって解体されたカツオの頭などを海に投げていたため、サメが集まってきました。
サメの巣と呼ばれていた海で子供たちは平気で泳いでいたそうです。
恐るべし佐良浜の子供たち。
ちなみに現在「青の洞窟」と呼ばれているところの近くです。

帯岩 (1024x768)<津波石>
下地島の観光スポットに帯岩があります。
1771年の明和の大津波で打ち上げられた津波石と言われています。
帯岩だけが津波で打ち上げられたのはなぜ?と素朴な疑問があると思います。
実は巨大な津波石は下地島一帯そこらじゅうにゴロゴロしていたそうです。
ほとんどの津波石は砕かれて1973年から始まった下地島空港建設に利用されました。
現在残っている津波石は佐和田の浜の奇岩をはじめレーダー基地付近、ゴルフ場4番ホールなどで見られますし、下地島のサトウキビ畑の中にも隠れています。

<船の話>
現在は伊良部大橋が架かり伊良部島から宮古島まで楽に行けるようになりましたが、それ以前は高速船とフェリーを利用していました。
しかしフェリーの本数が限られていため同じ時間帯の船に集中する事になり、船1台待ちは当たり前でした。
宮古へ行くのも一日仕事です。
またドック入りで本数が減ったり、天候の影響で欠航することも有り、計画どおりに宮古に渡れない事もありました。
更に前には高速船はなくもっと時間がかかったそうです。
当時は伊良部の人口も一万人を超え、高校も無かったため宮古島に通う学生もたくさんいました。
通学の船は満員で必ず何人か佐良浜港で海に落下したそうです。

カッフィ (1024x684)<ハマの名前>
伊良部の浜には昔からの呼び名があります。
下地島の浜にもそれぞれの呼び方があるそうです。
中の島ビーチもカヤッファ(カヤッフィャ)と呼ばれていました。
家の屋根を葺く茅がたくさんあったからだそうです。
そのほかアッタバサマ(遠い波)、ピサピシ(平らなリーフ)、カッフィ(隠れた浜)などがあるそうです。
まるよしがある国仲の集落の人はサトウキビの畑を抜けて潮干狩りなどに行きました。
同じ浜でも入る道によって呼び名が違っていたそうです。
下地島空港が出来るずっと前の話です。

<カタツムリ>
まるよしがある国仲ではカタツムリの事をパルンナと言います。
パルは畑(宮古ではパリ)で、ンナは貝のことだそうです。
同じ伊良部島の中でも地域によって呼び方が変わります。
伊良部、仲地ではツナミとも言うそうです。
ずっと昔、役場から「畑でツナミが異常発生している」とお知らせした時、観光客の方は大分ビビったという話がありますが、真偽のほどは定かでありません。

<牧山陣地壕>
牧山展望台のすぐ近くに牧山陣地壕があります。
戦争中に手彫りで掘られたトンネルです。
正式に指定はされていませんが、宮古島市の戦争遺跡になっています。
砲台を据え付ける予定で地元の住人を動員して掘られましたが結局使用されなかったそうです。
現在のような展望台もなく遊歩道などが整備されていない時代でも、佐良浜小学校の遠足で行っていたそうですが、中は真っ暗で怖かったそうです。
70mほどある壕は懐中電灯がないと入れません。
決して一人では行かないで下さい。
はじめは慎重に歩きますが、先端の明かりが見えると油断します。
海が見える壕の先端は一段登るようになっていて必ず天井に頭をぶつける人がいます。
ご注意ください。
牧山壕入り口 (1024x576)牧山壕トンネル (1024x576)牧山壕先端 (1024x576)
<ナイトライダー>
下地島空港には1980年11月から1994年7月まで那覇との定期便が就航していました。
その頃からかどうか定かで有りませんが、誘導灯ライトの点検のためにライトの点灯を行っていました。
夕闇にライトが走る光景が美しく一部でナイトライダーと呼ばれていました。
「ナイトライダーを見たカップルは幸せになれる」と言われていたとかで夜のドライブコースにもなっていました。
星空とホタルに加えて伊良部の三大光のページェントとして、まるよしも夜の見所と紹介していましたが、最近「光が走った」という話は耳にしません。

<カーフェリー>
伊良部大橋が架かる前、宮古島と伊良部島間の自動車の移動はカーフェリーでした。
出来るだけ多くの車を乗船させるため、ギリギリに詰め込んで船尾のハッチが閉まらない時もありました。
乗船するときはバックでいれます。
地元の人は慣れたもので船の係員の指示でてきぱきと乗船します。
乗り慣れない観光客はあたふたしてしまいます。
奥の自動販売機にぶつけたり、ミラーをこすったり色々大変でした。
運転に自信のない人は誘導する船員さんに頼めば代わりに運転してくれたものです。
橋が架かってその心配もなくなりましたが、なんだか淋しい気もします。

<タバコの話>
健康志向が広がる今でも喫煙率が比較的高い伊良部ですが、昔はもっと高かったようです。
妊娠してもタバコがやめられないSさんが医者に相談したところ「やめてストレスを感じるより減らした方が良い」と言われたとの事。
本人は医者からお墨付きをもらったと言って、それなりにタバコを吸っていました。
そのSさんも出産直後はさすがに病院内ではまずかろうと思ってベランダで隠れて吸っていたら、看護婦さんに見つかって「ここで吸いなさい」と病院内で一服したそうです。
恐るべし宮古の病院。ずっと昔の話です

<サイダー>
昔々伊良部では二日酔いになった時はサイダーを飲むと効くと言われたそうです。
コーラでも水でもありません、三ツ矢サイダーです。
効果の程は定かでありませんが、つい深酒して二日酔いで苦しむあなた、まるよしでオトーリ体験をして二日酔いなったあなたもワラにもすがる思いで試してみてください。

オッパマ (1024x630)<隠れビーチ>
下地島にはたくさんのビーチが有りますが、そのなかにオッパマというビーチがあります。
大きい浜(ウプパマ)という意味だと言われています。
昔の一周道路から入るビーチですが、ある時期その浜では酒や肴を持ち寄って夜の宴会が行われる事があったそうです。
静かな綺麗な夜の砂浜での飲み会はプライベート感たっぷりでした。
人目に付かないビーチなので怪しい飲み会も行われたと言うと噂も有りますが、定かではありません。
最近は行く人もほとんど無く、入り口も草木に覆われ砂浜には異国の漂流物が打ち上げられていますが、その分サンゴは荒らされずに手つかずの状態で生き残っています。

<昔の地名>
下地島には津波で打ち上げられた津波石があります。
伊良部の方言を文字で書くのは無理が有りますが、有名な帯岩は地元ではウプスクビジィと呼ばれていました。
大きな帯の石という意味だそうです。
いつの間にか標準語で帯岩と呼ばれ案内板が立てられています。
帯岩の近くにはチビタオルジィ(後ろに倒れている石)という津波石もあります。
カヤッフィャも中の島海岸の看板が立ち、第1ポイントや第2ポイント、更にゼロポイントや三角点まで出現しています。
今の呼び名で聞かれても解らない事が有りますので悪しからず。

<タバコ事情>
昔から喫煙率の高い伊良部ではおじぃもおばぁもタバコを吸っていました。
90歳台になるまで日常的にタバコを吸っても健康に害を及ぼしたという話はあまり聞きません。
まるよしの近くで商店を営む豪傑おばぁはヤニで黄色く染まった両手の指にタバコを常に挟み、決して煙を切らさない究極のチェーンスモーカーでしたが長生きしたそうです。
この頃は物資の無い時代で薬を手に入れるのもままならず、お腹が痛い時はタバコを吸わせたそうです。
タバコが鎮痛剤になるかは医学的に証明されていないと思われますので、真似はしない方が良いと思います。

乗瀬橋 (1024x613)<乗瀬橋>
現在乗瀬橋は工事中ですが、今の伊良部橋が工事中で前の乗瀬橋が健在だったころ、学校が終わると乗瀬橋付近の入り江では学年や性別を超えてたくさんの子供たちが遊んでいました。
究極の遊びは橋から入り江へのジャンプです。
男の子も女の子も次々と何回も橋から飛び込みます。
都会では禁止されそうな光景ですが、伊良部の子供たちはワイルドに伸び伸びと育ちます。
乗瀬橋の工事が始まる頃と時を同じくして、スマホでゲームする子供をたくさん見かけるようになりました。

魚垣 (1024x769)<魚垣>
下地島の滑走路沿いの道から魚垣(ナガキ又はカツ)が臨めます。
宮古島の史跡になっている潮の干満を利用した昔からの漁法です。
下地島空港の工事が行われる前は当然滑走路も無く、佐和田の浜から通り池方面に海岸線が続いていました。
その間の海岸線にも今の魚垣の他に何ヵ所か魚垣があったそうです。
それらの魚垣も1973年に空港工事が始まるまでは実際に稼動して漁を行っていたそうです。

<ランドレースとアグー豚>
伊良部島では以前、各家庭で豚、馬、ヤギ、鶏を飼っていました。
馬は今の軽トラやトラクターの替わり、ヤギは乳や食用、鶏は卵をとったり最後は廃鶏として貴重なタンパク源になりました。
豚は現金収入となり一家の稼ぎ頭です。
はじめはアグー豚という黒豚を飼っていましたが、そのうちアメリカからのランドレースという豚が主流となりました。ランドレースの方が大きく小さなアグーより高値で売れたからでそうです。
時代は巡って今はアグーがブランドになっています。

<運転>
むかし伊良部島では小学生の頃からバイクに乗って、中学生になると自動車を運転していたそうです。
当時の離島はある意味、治外法権で内地の決まりごとがそのまま通用しない時代でした。
駐在のおまわりさんも大目にみてくれる事もあったようです。
その頃の伊良部の子供たちは下地島空港の工事中の滑走路でバイクを飛ばし、自動車ではドリフトをやっていたそうです。
今はやんちゃを卒業して、若い頃から慣れ親しんだ車の運転技術を乗用車はもちろん、ダンプやトラクターなどの運転に活用しています。

<禁断のサトウキビ>
ひとむかし前、サトウキビを収穫したトラックが走ると子供たちは後を追いかけたものでした。
荷台からサトウキビを引き抜くためです。
トラックに横に積まれたキビは抜きにくいですが、縦方向に積まれたサトウキビは引き抜きやすいので人気がありました。
そんな子供たちをサトウキビの主はバイクで追いかけてシバきます。
子供たちにとってキビを抜くのは鬼ごっご感覚で遊びの要素もあったようですが、禁断のサトウキビはたまらなく美味しかったそうです。

【んなまぬ(今の)伊良部】
<「れ」ナンバー>
伊良部大橋が架かってから伊良部の交通事情も大きく変わりました。
大橋から渡口の浜を経由して下地島方面に行くのが主な観光コースになっていて車が続々とやって来ます。
橋が架かる前、長山港や大和ブー方面へ向かう道では、畑に行く軽トラックや下地島空港の黄色い車以外ほとんど車を見かけませんでした。
今では「わ」ナンバーや「れ」ナンバーに加え、宮古から帰る伊良部の車、伊良部に来る宮古の車と入り乱れています。
ちなみに「れ」ナンバーは「わ」ナンバーを使い切ったため、レンタカーに割り当てられたナンバーです。
沖縄では今年(2015年)2月からで、全国では札幌に続いて2例目だそうです。
「交通事情がわからない」「スピードを出す」等の理由で「わ」ナンバーに気を付けていた方は「れ」ナンバーにも注意をはらってください。

<伊良部大橋>
伊良部大橋が開通して交通事情は大きく変わりました。
大橋を渡る10分足らずの間に平均して40台の車にすれ違います。
フェリー1台分より多い量です。
1時間にフェリーが6台以上着く勘定です。
橋が架かる前は、一日にフェリー(普通乗用車積載台数25~27台)とスーパーライナー(普通乗用車積載台数8台、軽自動車だと約14台)とそれぞれ約10往復だったので、単純に考えても6倍以上交通量が増えている勘定です。
おまけに有料だった船賃が無料の橋になったため、宮古島を訪れる観光客のほとんどが橋を渡ります。
伊良部にはじめて来たという宮古の人もいるそうです。
皆様が伊良部の地域振興に協力していただくとありがたいです。

<ストロー現象>
ストロー現象とは大都市と地方都市間の交通網が整備され便利になると、地方の人口や資本が大都市に吸い寄せられることだそうです。
伊良部大橋が架かって伊良部の人・物・金も流出するのでしょうか。
架橋をビジネスチャンスと捉えて色々なものが内地や宮古島から続々入って来ます。
橋をストローに見立てるなら伊良部島や下地島の美味しいところをチューチュー吸われないように、伊良部の美しい景観や風習を大切にした長い目での伊良部の地域振興の工夫が望まれます。

サシバ滑り台 (1024x821)<チョット変わった建造物>
宮古島、池間島、来間島にはチョット変わった建造物があります。
シーサー滑り台、巨大宮古馬、カツオの乗った東屋、タコの東屋、今は無きインギャーの牛の乗った東屋などです。
探してみると伊良部島にもありますが、サシバづくしです。
有名どころでは牧山のサシバ展望台、フナウサギバナタのリアルサシバ展望台がありますが、そのほかにも平成の森公園のまたまたリアルサシバの滑り台、たいこばしの怖い顔したサシバなどがあります。
サシバ以外では塩田グラウンドの東屋に魚のベンチがあります。

<リゾートホテル>
橋が架かって一年が過ぎ、伊良部島を訪れる人は確実に増えています。
伊良部大橋の観光的な価値は絶大です。
そんな事もあってか伊良部島でのホテル建設の話も現実味を帯びて来ました。
一説によると何百人規模のホテルが出来るとか、内地の大手のホテルチェーンが進出してくるとか色々噂が飛び交っていますが、実際のところはどうなるのでしょうか。
宮古テレビのニュースで市長が渡口の浜にリゾートホテル建設の計画があると話していました。
宮古島のトゥリバー地区のように噂があってもいまだにホテルが建っていない現実もありますが、いずれにしても伊良部島全体の地域振興や自然保護にプラスになる計画であって欲しいものです。
渡口の浜がホテルのプライベートビーチになる前に白砂の感触を味わったり、美しい景観を目に焼き付けておきたいですね。

<MRJの訓練飛行>
国産ジェット機のMRJの訓練飛行が下地島空港で行われると3月(2016年)はじめのNHKのニュースでながれていました。
今はRACと海上保安庁が不定期に訓練を行っていますが、久々に華やかになりそうです。
航空機マニアを含めてたくさんの人の来島が予想されます。
下地島空港は旅客ターミナルの整備やLCC、国際線チャーター便、プライベートジェットの運行なども計画されているようです。
ホテルの建設も含めて下地島がこれからどうなるのか、伊良部のためにちょっとは期待する反面、だいず怖いような気もします。

<伊良部大橋開通一周年>
伊良部大橋が開通して一年が経ち記念のウォーキング大会も開かれ盛況でした。
一年後の変化を商工会議所のアンケートをもとに総括して宮古テレビでも特集番組が組まれました。結論から言えば通過型観光で業種によって差が出たそうです。
橋が架かって生活は便利になりましたが、伊良部の島民は宮古島に買い物に行って地元のスーパーは売り上げが減少、観光客も宮古島に宿泊しても伊良部島に無料で楽に来られるので、伊良部島の宿泊施設はお客さんが減っています。
昼間の観光客向けのランチの店やアクティビティの店の一部が売り上げを伸ばしたそうですが、伊良部島でお金を使う人は約3割で金額も3000円程度だそうです。
伊良部島に宿泊して頂いて昼間の観光だけでは味わえない伊良部島の魅力を楽しんで頂ければ良いですね。

<直行便>
今まで宮古空港に来る直行便はJALの宮古羽田間の一往復でしたが、3月27日(2016年)からANAが羽田と宮古島、関空と宮古島の直行便を定期便として就航させることになりました。
それぞれ一往復だそうですが、毎日となると宮古島を訪れる人は格段に増加します。
宮古島のビジネスホテルの話によると、直行便でくるお客さんはリゾートホテルのパック旅行が多いとか。
宿泊料金の価格を下げてホテル関連施設での消費を見込んでいるそうです。
宿泊価格が下がると市内のビジネスホテルも苦戦をしいられます。
なかなか地元資本にはお金は落ちないものですね。

今年(2016年)3月27日から羽田と関空からそれぞれ一往復、直行便の定期便があらたに就航しました。
観光客の増加の数は定かでありませんが、月で言えば何千人単位、年で言えば何万人単位の増加は確実です。
そのほとんどが伊良部大橋を渡って伊良部島を訪れます。
橋詰め広場の整備などの観光客の受け皿の充実が早急に必要になります。
行政を含めて素通り観光を解消する工夫も望まれています。
私たちも毎晩頭をひねっていますが、ビールの消費量の方がアイディアの量を上回ります。

<クルーズ船>
昨年(2015年)から平良港に中国のクルーズ船が停泊するようになりました。
牧山から平良港に停泊しているクルーズ船を眺めると、ひときわ大きく他の船と比べると際立っています。
宮古島にも爆買いの波がやってまいりました。
夏以降は立ち寄りから一泊にかわり、市内の電気屋、薬屋やスーパーに列を作って押し寄せます。
宮古の量販店に薬を買いに行ったSさんはレジでクレジットで買うかどうか中国語で聞かれたそうです。
伊良部大橋も人気の観光スポットになっているそうで、伊良部も国際的になります。
まるよしでは誰が外国語の対応をするのかが話題になっています。

まもる君<まもる君>
いつの間にか全国的に有名になったまもる君ですが、以前は名前も無く単におまわりクンなどと呼ばれていました。
今やお土産グッズでも引く手あまたとなっているようです。
伊良部島では伊良部高校交差点に一人勤務していましたが、伊良部線と長山白鳥線の交差点に配置転換になっています。
と思っていたら知らないうちに伊良部島大橋橋詰のT字路に一人新たに配置されていました。
巷の話ではトライアスロンの頃に辞令が出たらしいとの事ですが、伊良部島も二人勤務態勢になったという事はそれだけ交通量が増えたという事だと思われます。
皆様、安全運転でいきましょう。

<台風とサトウキビ>
今年は今(2016月6月21日)まで台風の発生がゼロです。
これも地球温暖化による異常気象なのでしょうか、こんな年にはスーパー台風が来ると心配されています。
いつもの年は既に台風が発生して、それなりの風が吹いてサトウキビは曲がっています。
その後本格的な台風シーズンが来ますが、曲がったサトウキビはしなりがあって折れないそうです。
今年のサトウキビは適度な雨も降り真っ直ぐに元気よく順調に成長しています。
しかし真っ直ぐに伸びたキビは強い台風が来るとポッキリと折れてしまう事があるそうです。
人間も同じでトラブルも無く順調に生きると困難に有った時傷つきますが、若いうちに苦い経験をすると、それを薬にしてしなやかに生きる事ができて結果的に良い場合がありますよね。
いずれにしても、サトウキビは無事に育って豊作であって欲しいものです。

<伊良部大橋片側通行>
伊良部大橋では開通した後でも工事が頻繁に行われています。
照明を付けたり、補強工事をしたり、宮古島からの送水管を整備したり片側通行は当たり前です。
2015年1月の開通を早々と宣言して31日の末日に無理やり開通させたツケが来たのでしょうか。
橋が架かって一年半ほど経った今でも片側通行が行われています。
でも悪いことばかりではありません。誘導員の方で暑い中、ロボットダンスのように躍りながらてきぱきとわかりやすく誘導してくれる人がいて心がなごみます。
勝手に「踊る誘導員さん」と名前を付けさせてもらいました。
皆様も見かけたら手を振ってあげてください。

<テレビコマーシャル>
某自動車メーカーのハイブリッドカーのテレビコマーシャルで伊良部大橋を疾走する姿が放映されています。
空から見た伊良部大橋と周辺の宮古ブルーのグラデーションが素晴らしく美しいです。
撮影時は橋の通行を一時ストップしてヘリコプターで空撮したとの事です。
昔、東平安名崎の白い道を灯台に向かって走る自動車のコマーシャルもありましたが、旬は伊良部大橋という事でしょうか。
伊良部と言えば以前はピッチャーと言われましたが、今は伊良部島の認知度も上がって来ています。

<伊良部クラブ>
今年(2016年)、伊良部小学校(伊良部クラブ)が8月に東京で行われる全日本バレーボール小学生大会の沖縄県の代表になりました。
伊良部島と言えば伊良部大橋が架かって名前も知られるようになりましたが、それまでは離島の離島で知る人ぞ知る島でした。
そんな離島の伊良部小学校が児童数も少ないにもかかわらず、県予選を勝ち抜いて県代表になった事で伊良部島は大いに盛り上がっています。
スーパーや食堂など島の店では応援募金を募っています。
まるよしでも出場記念の応援さたぱんびんを販売しました。
伊良部小学校の選手は結果を気にせずに今までどおり伸び伸びと戦って来て下さい。
観光で訪れたあなたも是非応援して下さいね。

<伊良部小学校バレーボール全国大会で大健闘>
8月9日から東京で行われていた全日本バレーボール小学生大会で沖縄県代表で出場している伊良部小学校(伊良部クラブ)は、10日と11日に行われた予選で大健闘しました。
8チームで戦う決勝トーナメントの進出は惜しくも逃しましたが、ベスト16に入る活躍でした。
選手の皆様、役員やご家族の皆様、お疲れ様でした。
応援してくださった方もありがとうございました。
まるよしからも御礼申し上げます。
バレーボール01 (1000x645)バレーボール02 (1024x657)バレーボール04 (1024x658)

<サンゴの白化現象>
ニュース(2016年7月)でも流れていましたが、石垣島でサンゴの白化現象が進んでいるそうです。
白化現象は水温が上がってサンゴやイソギンチャクと共生する褐虫藻と呼ばれる藻類がストレスで居なくなる現象だそうです。
下地島の海でも7月初めあたりからサンゴの白化が目立って来ました。
特に干潮時に池状態になるリーフの内側に多く見られるようです。
イワサンゴも白い山のようになり、枝サンゴも真っ白です。
イソギンチャクも白くなってクマノミも戸惑っているように見えます。
下地島の浜は水が湧いている所も多く水温が冷たい場所もあるのですが、今年は干潮時には温泉状態になっています。
伊良部島・下地島では色々な意味で変化が起きているようです。
大橋の開通による変化はともかく、海の環境が元通りになって褐虫藻が早く戻ってくると良いですね。

青の洞窟01 (768x1024)<青の洞窟>
いつ頃からかは定かでありませんが、伊良部島の観光地として青の洞窟がメジャーになりました。
当初は命名した地元のマリンレジャーの業者さんが中心になってシュノーケルなどのツアーを組んでいたようですが、そのうち宮古島の業者も加わり知名度も高くなりました。
橋が架かった今ではどこもかしこも青の洞窟ツアーを企画してガイドブックにも満載です。
トップシーズンでは洞窟の入り口に列が出来て、ダイバーやシュノーケルをする人で順番待ちになることもあります。洞窟の中から見る青い色は神秘的で綺麗ですが、混雑の覚悟も必要です。
タイプやスケールは違いますが、人混みが嫌いな人はアッタバサマのミニ青の洞窟やイケノプカの海中トンネルの青さもとても綺麗です。

<伊良部の歩道>
伊良部島の道路は宮古島の道路同様に綺麗に整備されていてほとんどの道に歩道がありますが、草が伸びて歩道が見えない場所もあります。
亜熱帯の気候の伊良部では草の伸びも速く草刈りしてもあっという間に道路に進出してきます。
伊良部大橋が架かる前は幹線道路以外の草刈りは回数も少なく、一周道路のフナウサギバナタ付近や通り池付近、製糖工場の裏手の道などは自動車がすれ違えないほどに草が攻めてきます。
下地島の一周道路では2月の伊良部マラソンの前に草刈りが行われると、こんなところに歩道があったのかと驚いたものです。
伊良部大橋開通後は草刈りの回数も増えたようです。誰が歩くのかは別問題として歩道が歩けるようになりました。

通り池木道 (1024x768)<通り池の木道>
伊良部を代表する観光スポットに通り池があります。
国の天然記念物になっていて多くの観光客が訪れます。
駐車場から通り池までは遊歩道が整備されています。
通り池から先は木道になっていてゴツゴツしたサンゴの上を歩かなくても楽に歩くことができます。
2002年に沖縄県が整備したものだそうです。
しかし遊歩道は途中でプッツリ切れてしまいます。以前は海岸の突端に帯岩を望める休憩所やなべ底を覗けるデッキがあって、そこまで遊歩道が伸びていましたが2007年、2009年の台風で痛めつけらて、2011年の台風がズタズタにして行きました。
2011年の台風2号は中の島海岸の北側のがけも崩して行きました。
それだけ台風の威力は凄まじかったのですが、遊歩道が見かけより丈夫に作られていなっかた事も原因と言われています。
県立自然公園の中で工法にいろいろ制限があったようですが、伊良部大橋が架かった今は更に訪れる人も増え遊歩道が修復される事が望まれます。

三角点01 (1024x576)<三角点>
いつの間にか三角点と呼ばれている場所は、今までは知る人ぞ知る絶景ポイントでしたが、某放送局の全国番組で紹介されると認知度も一気に高まりました。
メディアの力は凄いものです。
そもそも三角点という名前も地元のマリンレジャーの業者さんが頭をひねって名づけたと聞いていますが、それまでは「ウミガメが見られる絶景ポイント」などと呼ばれていました。
確かに三角点の下の海はウミガメの通り道になっていて、かなりの確率でウミガメを目撃できます。
潮が引いて水路が狭くなった時が狙い目で、太陽の位置の関係で午前中から日中にかけての方が夕方より見やすいと言われています。
ただし高所恐怖症の人はむずかしいと思われますし、小さなお子さんは危険です。
訪れる方はくれぐれもお気をつけください。

フラまもる (563x633)<フラダンス>
カギマナフラというフラダンスのイベントが10月13日から17日まで宮古島で開催されました。
今年(2016年)で4回目だそうですが、競技会やフラダンスのショーやフラパレードなど盛り沢山の内容です。
昨年は伊良部大橋を通行止めにして、参加者でギネスブックに挑戦するイベントが開催されました。
宮古島でフラダンスが盛んになったのはいつからかはハッキリしませんが、何年か前から宮古祭のパレードにフラダンスが参加するようになってからではないかと言われています。
婦人の演芸会ではフラダンスも披露されます。
イベント期間中は全国から参加者が来島して島は華やかな雰囲気に包まれます。
伊良部にも一目でフライベント参加者とわかるハワイアンっぽいメイクの女性が観光に訪れます。
伊良部のまもる君も宮古島のまもる君たちと同様にレイを掛けて歓迎しておりました。

クルーズ船 (787x1024)<ふ頭埋め立て>
平良港では(2016年)春から第2ふ頭と第3ふ頭の間を埋め立てる工事が始まっています。
平良港ターミナルの交差点ではダンプカーひっきりなしに往復しています。
1日あたり延べ250台のダンプが行き来しているそうです。
埋め立ては冬場の季節風を防ぐ目的もありますが、完成すると大型のクルーズ船がふ頭に接岸できるようになります。
いままでは大型のクルーズ船が来ると沖に停泊して、そこから小型船で観光客を平良港ターミナルまでピストン輸送していました。
ふ頭ができるとその手間もなくなり、多くの観光客が一度に上陸するようになります。
宮古島の経済振興には良い面もあると思われますが、色々と問題もあるようです。
製糖期にはサトウキビを運ぶ伊良部島のダンプも借り出されて埋め立ての用の土を運んでいます。

<外国語メニュー>
伊良部大橋が開通して一年半が過ぎて、伊良部島でも外国の方の姿がチラホラ見られるようになりました。
まるよしも例に漏れず、ランチタイムに来られる方や宿泊される方も増えてきました。
幸い日本の方と一緒に来られる方がほとんどで今までコミュニケーションに困る事はありません。
今後、更に外国のお客さんが増える事が予想されます。
まるよしでは英語、中国語、韓国語の食事メニューを用意しましたし、日本の方、外国の方を問わず、身振り手振りや方言でコミュニケーションを取ることが得意なスタッフが手ぐすねを引いてお待ちしています。

下地島空港の砂 (1024x692)<下地島空港の砂>
下地島空港の滑走路の西側は干潮時には潮がひいて砂浜が出現します。
もともとリーフの内側の遠浅の海なので海で泳ぐ人もいましたが、テトラポットを降りて海に入る人が確実に増えました。
地元のマリンレジャーの業者さんも観光客を引き連れてきて、天気のよい大潮の干潮時は空港の管理道路は駐車する車が一杯です。
タッチアンドゴー花盛りの頃の駐車台数を思い出させます。
もともとこのあたりは砂が余りなく潮がひいてもこんなに砂が出現する事が無かったようですが、伊良部大橋の工事以来、潮の流れに変化が出て砂が増えたという話です。
海に突き出た誘導灯と様々なブルーとグリーンのグラデーションが美しい海の絶景でしたが、また新しい景観が増えました。

<船の交通事情>
伊良部大橋が架かって定期船やカーフェリーが無くなって、船の交通事情も様変わりです。
平良港と佐良浜港の間で定期船を就航していた二つの船会社のうち、宮古フェリーは解散し、はやて海運はモンブランというクルーズ船を就航させました。
モンブランにはモーニングクルーズ、ランチビュッフェやサンセットクルーズなどのメニューがあり、宮古島、池間島や伊良部島の周辺のエメラルドグリーンの美しい海を巡り、下地島まで行く時は伊良部大橋の下を通ります。
伊良部大橋の下は多良間航路のフェリー「たらまゆう」も通過します。
大橋の中央部が高く盛り上がっているのは多良間航路があるためだそうです。
「たらまゆう」は平日に一日一往復就航していますが、大橋付近を航行する姿は一見の価値有りです。海が荒れていなければ「たらまゆう」は午前9時過ぎと午後4時前に大橋の下を通過します。

<熱帯>
日本全体が異常気象にさらされていますが、例外なく伊良部島でも天候不順が続いています。
昨年(2015年)の冬は雨の日が多く、日照不足が続きマンゴーの収穫量は例年の40%減になりました。
サトウキビの収穫もままならず、製糖工場に煙が登らない日が続いたり、タバコの植え付けも例年より遅れて心配されました。
今年のように直撃する台風が無いのは良いことですが、これほど影響が無いと逆に気味が悪いくらいです。
伊良部島ではここ数年梅雨らしい梅雨もなく、天候はすでに亜熱帯から熱帯に変わっていると言う人もいます。
夏は海水温も上昇して多くのサンゴが白化してしまいました。
夏が過ぎたのにビールの消費量が増え続けるのも地球温暖化の一環でしょうか?

<サトウキビ大豊作?>
今年(2016年)は台風の直撃も夏場の日照りも無く、サトウキビは順調に育っています。
こんな年は大変珍しく、なんだか怖いぐらいです。
キビは例年より伸びて大人の背丈の倍以上のもあります。茎も太くなって収穫量の大幅増が見込まれます。
製糖工場は12月1日からの稼動を決めて、来年の4月までフル稼働する見込みです。
サトウキビ農家はこれから忙しい日々が続きます。
昨年のような天候不順の冬にならないようにと思う毎日です。

<ゆくるプロジェクト>
サトウキビ迷路 (1024x575)2015年伊良部大橋が開通した記念行事でゆくるプロジェクトが宮古島を中心に行われました。
伊良部でも牧山にハンッモクが設置されたり、佐良浜の池間添にはサトウキビ畑に迷路が出現したり、色々なイベントが開催され観光客をはじめ宮古島や地元の人も含めて楽しみました。
1年が経過した2016年には開通一周年の伊良部大橋ウォーキングが開催されて盛況でした。まるよしも佐良浜スポーツ広場で行われた記念イベントに商工会のメンバーとして参加しました。
2017年も開通2周年記念でウォーキング大会が実施される予定です。
ウォーキング大会はメジャーな旅行会社が主催するもので、2016年の大会はツアーの参加者しか参加できませんでしたが、2017年は一般の方も参加が可能になりました。
観光客の方は宮古島観光協会に、地元の方は市役所や支所で申込みができます。
ただし12月22日が締め切りなので、希望する方はお急ぎください。イベントが伊良部島振興につながれば良いですね。

牧山広場からの伊良部大橋 (1024x691)<ゆくるプロジェクト2017>
2015年に伊良部大橋が架かってから始まったゆくるプロジェクトが今年も開催されています。
ゆくるプロジェクトとは「ゆっくりと、くらすように旅する宮古島」のテーマで宮古島市が主催する観光イベントです。
第1回目には伊良部島に作られたサトウキビ畑迷路は3回目の今回は宮古島の城辺に作られていますが、ハンモックは今回も牧山に設置されます。
このイベントの時にはかつてアスレチックなどの遊具があった広場はきれいに整備されて、草も刈られて見晴らしも良くなります。
近くの牧山展望台から見るのとは違ったアングルで伊良部大橋を望めて、新しい絶景ポイントになっています。
この広場から見た眺望が評判が良いため、広場は公園として整備されるという話もあるそうです。整備された暁には年を通して伊良部大橋が望めそうです。
プロジェクトは3月24日まで開催される予定で期間中には300個のキャンドルを灯す牧山キャンドルナイトも予定されています。
期間中に伊良部島に来られる方は是非寄って見てください。

<新聞>
伊良部大橋が架かって、フェリー待ちしていた頃と比べて大変便利になりました。
物流の動線も変わって今まで交通量が少なかった道路で交通量が増えています。
今まで余り車が来なかったので注意しないといけない反面、港がある佐良浜への道は交通量が減って淋しい気もします。
物流も変わったことでそれまで船に乗ってきた新聞も強風にもめげずに橋を渡って来るようになりました。
今では、海が荒れた日でも新聞がその日のうちに読めるようになりました。


中篇【伊良部の風物詩】【伊良部の日常】 

後編【伊良部の自然】【まるよし人間模様】

トップに戻る

2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介します。
「読めば宮古」は今でも宮古島の書店で販売しています。

【伊良部の風物詩】
<旧正月>
沖縄は旧正月を祝う風習がありますが、伊良部島では更に色濃く残っています。
伊良部島の中でも佐良浜では盛大に祝われ、漁船には大漁旗が旗めきます。
旧正月は太陽暦の1月19日から2月20日の間で毎年変わるそうです。
スーパーではオードブルなど旧正月の料理が並び、打紙や線香などの旧正月にちなんだ商品コーナーも出来ます。
会社や小売店が休みになることもあります。
内地では小正月にどんど焼きなどで燃やされるしめ飾りも新正月から旧正月までずっと飾られています。

<十六日>
旧暦の1月16日は十六日(ジューロクニツ)というあの世の正月です。
旧正月同様、スーパーには十六日に関連した商品コーナーが出来ます。
空港も帰省の客で混みあい、学校も午後から休みになります。
お墓の前にはご先祖様を迎えてご馳走やお酒が並びます。
16日は大潮に当たるので潮干狩りには絶好ですが、海の向こうからご先祖様がやって来ると言われているで、この日は海に入らないようにします。

<魚の凍死>
四コマ漫画のMrガラサにも有りましたが宮古島では魚が凍死します。
いや仮死状態になるそうです。
冬の寒い時期に北からの冷たい風が吹いて温度が下がると魚が海に浮いたり、浜に打ち上げられます。
凍死した魚は掬われてたり拾われたりしてご馳走になります。
伊良部では遠浅の佐和田の浜で見られるそうです。
一説によると気温が13度以下になって翌日晴れるとその現象が起きるそうです。
地球温暖化の影響で今後は有るかどうかわかりません。
と思っていたら、今週末(2016年1月第4週)は30年振りの寒波で最低気温が10度以下になる見込みだそうです。
伊良部でも雪が降るとか話題になっていますが、魚も凍死するのか見ものです。

これまでに経験した事もない寒波に見舞われた週末(2016年1月24日)は冷たい雨と強烈な北風に震えました。
30年振りどころか40年振りの寒波だそうです。
奄美大島では115年振りに雪が降ったり、沖縄ではあられが降ったとか言われていますが、宮古島では「島尻で魚が凍死した」とニュースで流れていました。
伊良部では網を持ったおじいが佐和田の浜を見回っています。
軽トラックに乗ったおじいとおばあが浜から浜へと渡り歩きます。
伊良部で魚が凍死したかどうかは不明です。
魚の凍死 (1024x933)
週が明けた月曜日(2016年1月25日)も冷え込みが厳しく、前の日の夜には宮古空港で7度まで下がったそうです。
今日も大潮で昼過ぎの干潮時に下地島空港近くの浜に行くと魚の鱗が光っていました。
結論が出ました。
伊良部でも魚は凍死します。
凍死した魚はその夜のマース煮になりました。

<トライアスロン>
伊良部大橋が開通して去年(2015年)からトライアスロンも伊良部に来るようになって新しい風物詩になりました。
まるよしの前も自転車のコースになっています。
はじめて伊良部で見る生トライアスロンに驚きと感動の声があがり、華やかさとスピードに圧倒されました。
まるよしでも私設応援団を出そうかという話で盛り上がりますが、自転車はあっという間に通り過ぎてしまうので考え物ですね。

マンゴー<マンゴー>
マンゴーと言えば宮崎県を思い浮かべがちですが、生産量日本一は沖縄県です。
宮古島市は沖縄県のなかでもマンゴーの生産量が一番だそうです。
伊良部島でもマンゴーを生産しています。
6月の下旬から8月のはじめまでが収穫期で「完熟マンゴー」の登り旗が立ちます。
特に7月は収穫真っ盛りで、早朝からの収穫、仕分け、宅配便の発送など大忙しです。
ハウスで直売しているので地元の人や観光客が訪れます。
スーパーでも内地では考えられないお手頃な値段で販売されます。

<金蜜マンゴー>
宮古島はマンゴー栽培が盛んですが、伊良部島にも幾つかマンゴー園があります。
宮古島のマンゴーはアーウィンが一般的ですが、そんな中で金密という種類のマンゴーを栽培しているマンゴー園が伊良部島にあります。
金密を栽培しているのは唯一その園だけです。
金密は皮が金色掛かった黄色で糖度が高く甘い甘いマンゴーです。
金密を壇密と勘違いしてよだれを垂らした人がいましたが、そんな禁断の甘い美味しさです。

<マンゴーB級品>
冬場の天候不順で心配された今年のマンゴーは例年より二週間ほど出荷も遅れ、出荷量も少なくなる見込みだそうです。
マンゴーと言えば高級品というイメージですが、贈答用でなければB級品、C級品で十分です。
地元の人は自家消費や親戚に送るため、五千円分や一万円分など円単位で購入してレジ袋一杯持ち帰ります。
見かけは完璧ではないですが甘くてジューシー、中身は絶品です。
値段を気にせずに内地では考えられないような贅沢な食べ方ができます。
毎年マンゴーの頃に現れるMさんは、毎食後に一個食べて悶絶して帰っていきます。

<ミャークヅツとミルク酒>
ミャークヅツは旧暦8月か9月の最初の甲午の日に行われる池間民族最大の行事です。
クイチャーを中心とする地域特有の祭りで地域の繁栄を祈ります。
伊良部島では池間島から分村した佐良浜で行われています。
その際泡盛を練乳で割ったミルク酒が振舞われます。
口当たりが良く内地で言えばカルアミルクみたいなものでしょうか。
神戸から宮古島に通うMさんはミルク酒にハマッて、行きつけの居酒屋に練乳を持ち込みます。
宮古で練乳と言えばネスレです。
ラベルの絵柄からワシミルクと呼ばれています。
内地の練乳より濃い目でカキ氷のミルクにも使います。
神戸のお姉さんはまるよしでは名前も忘れられてワシミルクのお姉さんと呼ばれています。
ワシミルク2  (791x902)ワシミルク3 (750x856)
<サシバの渡り>
伊良部島はサシバの渡りの経由地になっています。
自然の摂理とは不思議なもので、毎年10月8日前後の寒露の頃になるとはかったようにサシバが空を舞いはじめます。
牧山近辺、白鳥崎からフナウサギバナタ近辺、まるよしの近くでは下地島空港の管制塔付近に多く見られます。
夕方の日が沈む頃にはねぐらを求めて空を旋回します。
最近では数も減ったそうですが、鷹柱(サシバの集団が上昇気流に乗って帆翔しながら上昇する様子が、丁度蚊柱に似ていることから呼ばれているもの)が見られる時もあります。

昔むかしサシバの捕獲がまだ禁じられていなかったころ、サシバの捕獲は伊良部の風物詩でした。
捕獲小屋でおとりのサシバを使って捕ったり、先端に輪をつけた長い竿で捕ったりしていたそうです。
当時は食料難でサシバは重要なタンパク源でした。
羽をむしると身は意外に小さく握りこぶし位の大きさでしたが、年に一度の自然の恵みとしてとても美味しく感じられたそうです。
高い松の木がある山を所有するNさんのおじぃは、その松に木に留まるサシバ捕獲の権利の入札をやっていたそうです。
恐るべし。

サシバの捕獲が禁止されると渡りの頃にはパトカーが巡回したり、下地島に入る道で取り締まりをやっていました。
しかし、長年の習慣とは恐ろしいものでサシバを捕る人は後を絶たなかったそうです。
かつてのその道の達人は警察に捕まっても3日間お泊りすれば大丈夫と言っておりました。
恐るべし達人たち。

今年(2016年)はサシバの渡りが遅れているようです。
まるよしでも「サシバのサも見えんよ」と話題になっていましたが、新聞報道によると10月16日頃からサシバの数も増えて来たようです。
伊良部島でも夕方になると空港の管制塔付近に双眼鏡や望遠レンズの付いたカメラを持つ人が増えて来ました。
寒露から一週間余り経っていますが、渡りが遅れたのは9月から10月に掛けて台風がたくさん来た為だと言われています。
地球温暖化の影響はサシバの渡りにも影響しているようです。

<サシバの捕獲小屋>
サシバの捕獲が禁止される前は、渡りの頃になると高い松の木などの上にツギャと呼ばれる茅葺きの捕獲小屋を作ってサシバ捕りをしたそうです。
南向きに竿を一本渡し囮のサシバを留まらせておきます。
囮のサシバはツンミーと言って黄色の眼をした若いサシバです。
他のサシバはツンミーの魅力に惹かれて捕獲小屋にフラフラと寄って来るそうです。
まるでイーザトのネオン街のお姉様に捕獲されるお兄さんのようです。
そこをすかさず先端にマーニという植物の繊維で編んだ輪を付けた長い竿でサシバを捕まえます。
当時は部落の人が毎日一人あたり50羽ほど捕まえても空が暗くなるほどサシバが渡って来たそうです。
この話とは別に、囮には赤い眼をしたアカミーという壮年の雄を使うという説もあります。

島らっきょうかつお節和え<島らっきょう>
伊良部の特産品になまり節があります。
カツオ節より柔らかいカツオの燻製で美味です。
スーパーや直営販売所、土産物屋などで売っています。
まるよしでは島らっきょうの和え物で美味しく食べる事ができます。
ただし島らっきょうは季節物なので一年中食べられる訳ではありません。
神戸から宮古島に通うワシミルクのお姉さんはなまり節が大好物で、必ず島らっきょうを注文します。
島らっきょうがない季節は「島らっきょう、らっきょう抜き」のなまり節単品でも良いと言ってますが、まだ「なまり節のお姉さん」とは言われていません。

<還暦祝い>
伊良部では還暦のお祝いが盛大に行われます。
旅行会では伊良部在住者はもちろん、宮古、沖縄在住者や内地に移り住んでいる人も含めて同級生が勢ぞろいします。大型バスを貸し切って宮古島を巡ったり、内地の観光地に出かけます。
Nさんが九州に行ったとき、スマホでの写真撮影の仕方がよくわからなくて同級生同士でなんやかやとしゃべっておりました。
結局わからずに近くのカップルに操作方法を尋ねたら、「日本語お上手ですねぇ」と感心されたそうです。ん?

<ひまわり>
肥料用のひまわりは収穫された後のサトウキビ畑に種が蒔かれ、6月頃に花が咲いて美しい景観を作って伊良部の風物詩になっています。
伊良部では(2016年)長浜地区の土地改良が終わり、整備された土地に土地改良に携わった地元のお姉さんたちの手によってひまわりの種が蒔かれました。
今はひまわりが一斉に開花して18町歩の広大なひまわりの絨毯が広がっています。
18町歩といえばおおよそ小学校の校庭が18個分の広さですから、その圧倒的な広さが想像できると思います。
7月になるとひまわりは土に鋤きこまれ夏植えのサトウキビの栄養になります。
この時期に伊良部に来られた方は是非見に行って来てくださいね。
ひまわり2 (1024x543)ひまわり01
<島えび>
島えび佐和田の浜では島えびが採れます。
波のない月明かりの少い夜に、潮の干いた海にヘッドランプと網を持って出かけます。
島えび採りの専用の網も販売されています。
ヘッドランプの光に照らされた島えびの眼は道路の反射板のようにオレンジに光ります。
島えびの眼が光るとすかさず砂ごと掬い取ります。
風が強かったり、潮の流れが速いと水面が波立って見にくくなります。
風向きが南よりになる春から秋に掛けてが条件が良くなります。
地元の名人に案内されて島えび採りを体験した内地からまるよしに通う3人組は、合わせて8匹しか採れませんでしたが珍しい体験に大変満足した様子でした。
まるよしでは季節物メニューの島えびのからあげが好評です。

<オカガニ>
オカガニオカガニは池間島が有名です。
6月から10月の大潮の日に産卵のため、海へ向かいます。
池間島の一周道路はカニだらけになります。
とりわけ6月の満月の頃が最盛期で、日が沈み暗くなり始めるとイギツビーチへ向かう道やフナクスビーチ付近では大群が一周道路を埋め尽くし足の踏み場もないほどです。
自動車は徐行してもなかなか通れません。
伊良部島でもまるよしから国仲の信号を右に曲がり、宮国組を左折してまるきスーパーへ向かう道ではオカガニがたくさん出没します。
光に浮かび上がる姿は壮観です。
一夜明けると交通事故にあった姿があります。
この時期に車でお出かけの方は気をつけてゆっくり走りましょうね。

<サガリバナ>
サガリバナは西表島などで有名ですが、宮古島にも自生している場所があります。
日が落ちる頃から咲き始め、夜に満開となり朝には花を落とす一夜限りの花です。
毎年5月下旬頃から咲き始め7月始め頃まで咲くそうです。
自生しているサガリバナは補植されて群生地として整備され、今年(2016年)も6月24日から10日間ほどライトアップをされます。
昨年伊良部島からサガリバナ見物に出かけたHさんは散々迷った末、やっとの思いでたどり着きました。
今年は迷わないように前日昼間のうちに下見をしましたが、またもや迷いました。
当日は下見で迷ったお陰で無事にたどり着けたそうです。
サガリバナを見に行く人は、良く下調べをして出掛けてください。
サガリバナ02サガリバナ1  (763x631)
<台風の名前>
ようやく発生した台風1号(2016年)はニパルタックと名付けられスーパー台風に成長しましたが、宮古島への直接的な影響はあまりなかったようで一安心でした。
ニパルタックとは有名な戦士の名前だそうです。
平成15年の台風はマエミー、宮古島台風はサラ、第2宮古島台風はコラ、第3宮古島台風はデラと名前が付けられています。
マエミーは西平安名崎の風力発電設備で2基、七又海岸で1基の風車を根元からポッキリ折っていきました。
最大瞬間風速は公式には74.1mですが、航空自衛隊の駐屯地では86.6mを記録したそうです。
計測設備が壊れて計測不能になったため、実際は100mを超えていたとの噂もあります。
何故か宮古に影響を与える台風は、女性の名前のほうが強く激しいそうです。
当然伊良部島でも女性の方が強いようです。

<台風対策>
伊良部郵便局 (1024x689)強い台風が近づくと皆、台風対策をします。
コンビニはガラスが割れないように網をかけます。
学校は休校になりますが、郵便局は休めないので大変です。
伊良部大橋が架かる前、海が荒れて船が止まりそうな時には宮古島から通う郵便局の職員さんはよくまるよしに泊り込みました。
伊良部島には佐良浜と伊良部の2つの郵便局があります。
両方の郵便局の職員さんが宿泊するとさながら職場旅行のようになります。
一泊だけならたまには良いですが、台風の動きの遅い時は2、3日も家に帰れずに疲れがたまります。
今は橋も架かり通行止めの期間は短くなって、船の時代より早く帰れるようになりました。

<豊年祭(ユークイ)>
まるよしのある伊良部島の国仲の集落では豊年祭(ユークイ)の日程は旧暦8月の御願(うがん)で決まります。
今年(2016年)の豊年祭(ユークイ)は10月28日、29日に行われます。
ユークイのユーは豊かな世の総称で、ユーを乞うという意味で神殿で神歌・踊りが奉納され一年間の五穀豊穣に感謝し、今後一年間のユーを願います。
日程が決まると部落の境には山羊の足が吊るされます。
魔除けの一種で集落内に厄が入って来ないようするためです。
28日は前夜祭で夜を通して行われます。
集落の人も豊年祭の時は、年に一度だけ神聖な御嶽に入る事ができます。
豊年祭に行かれる方は伝統的な決まり事などがありますので、集落の人に相談してから行く事をお勧めします。

<製糖工場>
キビ倒しの季節になると畑には収穫されて綺麗にロープ掛けたサトウキビの束が並びます。
伊良部の製糖工場では1日当たり約600トンのサトウキビを処理できるそうです。
ロープ掛けされたサトウキビの束が大体400から500キロという事なので、一日に1200から1500位の束が搬入されないと工場はフル稼働出来ません。
昨年シーズン(2016年)は12月からずーっと雨が多くハーベスタが畑に入れない日が続いた事もあって、収穫が思うように進みませんでした。
製糖工場はフル稼働出来ずに煙突から煙が出ていない日が多くありましたが、今シーズンは順調に行ってほしいものです。

<ユイマール>
沖縄にはユイマールと言って相互補助の伝統があります。
ユイマールとは一人でやれば大変な時間や労力が必要となる作業を集落の住民総出で助け合い協力し合う相互扶助の制度で、主に農家の畑仕事の労力を順番に交換することを言います。
伊良部島でもサトウキビの収穫の時には親戚やご近所が協力してキビ倒しをします。
畑の脇の道には何台も車が並び、キビの葉を落とす人、キビを倒す人、長さをそろえて束ねる人など効率よく作業していきます。
休憩時間になると畑の中や脇道でお茶を飲んだり、食事をします。
この時期には近所のスーパーでは弁当が売り切れになることもあります。

<キビ倒し>
サトウキビの収穫の時期になるとサトウキビを満載したダンプが畑と製糖工場を行きかいます。
サトウキビは横積みが一般的です。
伊良部大橋が架かるとサトウキビの積み方も厳しくなって、ダンプの荷台からはみ出したキビも大目にみられなくなりました。
伊良部島ではそれまでノーチェックでしたが、宮古島並みにキビ倒し際にサトウキビの長さをダンプの幅に合わせて切るようにチェックが入ります。
しかし永年のやり方を急に変えるのは大変です。
律儀な農家は真面目にキビをカットしますが、切る回数が増えたり、短いキビがダンプから滑り落ちたりして今までの倍は手間が掛かるようになりました。
畑の主やダンプの運転手からブーイングの声が止まりません。
色々な話し合いが有って、結局一年過ぎると積み方も元に戻ったようです。
そんな事情でサトウキビは宮古島のダンプには整然と積まれていますが、伊良部のダンプにはドヒャっと積まれています。

【伊良部の日常】

<飲み屋の話>
伊良部では居酒屋と飲み屋は別物です。
居酒屋はお酒が飲めるが接待するお姉さまが居ない所、飲み屋は接待するお姉さまが居てカラオケも出来る場所。
大体こんなところでしょうか。
伊良部大橋が架かってからは平良まで遠征する人も増えたとか。
合併で宮古島市が誕生する前、平良市は人口に対する飲み屋(この場合は居酒屋も含まれます)の割合が全国一高かった事があるそうです。
伊良部では国仲橋の近くのガソリンスタンドの裏に飲み屋街があります。
宮古島市で設置した案内地図にも乗っています。
ちなみにまるよしの夜の営業は居酒屋タイムです。
飲み屋ではありません。
地図看板 (1024x686)飲み屋街の地図 (500x336)
<伊良部の時間>
午前10時と正午と午後3時には「安里屋ユンタ」のメロディが鳴り渡ります。
正午と午後1時には製糖工場のサイレンが響きます。
午後6時には、からすと一緒に帰りましょうと「夕やけこやけ」が流れます。
伊良部では時計が無くても時間がわかります。時間はわかるのですが、決して時間どおりとはいきません。悪しからず。

<路上寝の犬>
伊良部では放し飼いの犬がたくさんいます。
佐良浜の港に向かう坂道の真ん中で横になったまま動かない犬がいました。
伊良部では幹線道路です。
交通事故にあったのかと心配しているとひょいと頭を上げたので一安心しました。
しかしまた横になってしまったので、足を轢かれたのかと思って恐る恐る近づくとゆっくりと起き上がり脇道に向かいました。
アスファルトの温度が気持ち良くて居眠りしていたようです。
恐るべし路上寝の犬。
時おり人間さまもオトーリの余波で路上寝しています。ホントの話。

<伊良部の音>
伊良部の朝は畑に行くトラクターや軽トラックの音、通学途中の子供の声以外はあまり人為的な音は聞こえません。
もっぱら風の音や鳥の声など自然の音楽が流れています。
その静寂を破るごみ収集車は大音量の音楽で到着を知らせます。
曲は不定期に変わります。
民謡の時もあるし、下地勇やビギンや夏川りみの時もあります。

<タッチアンドゴー>
タッチアンドゴー (1024x768)下地島空港のタッチアンドゴーは今は余り見られなくなりましたが、一時期はJALとANAが同時に訓練していてそれはそれは壮観でした。
飛行機の機種ごとに訓練をやらなくてはいけないためパイロットの方も大変です。
飛行機は基本的に向かい風で離着陸するので、夏場は北から、秋から冬にかけては南からの進入が多いようです。
下地島空港の立地から北側からの進入は、美しい海に突き出た誘導灯を目指して機体が迫ってきて大迫力です。
ある時タッチせずにエンジンを吹かして空に舞い上がるので失敗かと笑っていたら、管制塔の指示で着陸せずに飛び立つゴーアラウンドという訓練だったそうです。
そのときの訓練生の方、ゴメンナサイ。
ただしホントは失敗だったとの説もあります。

<携帯電話>
最近はスマホを使う人も増えましたが、携帯電話の普及は内地より早かったような気がします。
都会と違って集落以外はキビ畑ばかりの伊良部では携帯電話は便利なツールです。
おじぃもおばぁも畑の真中で携帯で話しています。
Hさんの携帯は畑仕事の合間に作業服の胸ポケットからよく落ちます。
知らずにトラクターに巻き込まれた携帯は行方不明になります。
紛失に気づいたHさんが仲間に携帯を鳴らしてもらうと土の中から着メロが響いて来ます。
伊良部の携帯は持ち主に似て丈夫です。

<電話の架け方>
伊良部の電話の掛け方はいきなり用件から入ります。
携帯なので相手方には誰から架かってきたのか解るので、大変合理的であると考えられますが、内地の方はチョットびっくりするかもしれません。
電話では構えることはなく、日常会話の延長という感じです。
相手方は他の人を苗字で呼ぶことはなく、名前を呼び捨てにする事が当たり前です。
これも親近感のあらわれですが、同じ姓の人が多い事も理由にあるようです。
ちなみに伊良部では下地さんだらけです。

<乾杯の話>
伊良部ではお酒を飲むと頻繁に乾杯します。
乾杯と言ってもグラスを合わせる程度ですが、ビールでも島酒でもまず乾杯。
話の合間で乾杯、話が終わると乾杯。
乾杯は一種の相づちのような、ハイタッチみたいな一面もあるようです。カ
ラオケに行ってもまず乾杯。
歌で盛り上がって間奏で乾杯、歌を聴かずにおしゃべりに夢中でも間奏で乾杯。
しゃべっていても聴いてるョという事でしょうか。
当然歌が終わると乾杯。
そうしてオトーリも回さないのにだんだん意識不明の世界へ入っていきます。

<アクセサリー作り教室>
夏休みに入ってまもなく(2016年7月30日)、まるよしでは知り合いの子供たちを中心に小学校の夏休みの自由研究として、タカラガイを使ったアクセサリーづくり教室が行われました。
最初はチョット緊張ぎみだった子どもたちもすぐに慣れてきて、一生懸命に手を動かします。
子供ならではの自由な発想で貝やビーズを組み合わせて、世界にひとつしかないオリジナル作品を幾つも作りました。
まるよしでは宿泊されたお客さんを対象に、伊良部島産のタカラガイを使ったオリジナルアクセサリー作りのオプショナルメニューを企画中です。
アクセサリー作り1 (1024x580)アクセサリー作り2  (1023x580)アクセサリー作り3  (1023x574)

<ハナマルユキ>
ハナマルユキ (1024x994)海の宝石と呼ばれている美しい光沢のタカラガイですが、その一種にハナマルユキという貝があります。
茶色から黒がベースの重厚な模様をしています。
モノの本によると「一部地域で食用とすることがある」とありますが、まさしく佐良浜では食用にするそうです。
大潮の引き潮のときに採って冷凍しておいた貝の殻を割って味噌汁にします。
美味しいダシが出てアサリより美味しいという人もいます。

<伊良部の会話>
伊良部の人の会話の合間には「か」にアクセントがある「だからよ」という言葉が時々でます。
一種の相づちと言うか、同意の表現というか、「そうだね」と言う賛同の言葉でしょうか?
「だから何?」とそれに続く言葉を待っていても次はありません。
「だから何?」と待っているあなた、気にせず会話を続けてください。

<台風料金>
伊良部大橋が架かる前は台風で海が荒れると平良港と佐良浜港を結ぶ定期船は頻繁に欠航しました。
いったん欠航すると2、3日続く場合があります。地元の人は慣れっこになっていますが、観光客はせっかくの観光が台無しです。
晴れ女・晴れ男を自称する人は不思議に台風にも遭遇しません。
仮に遭遇しても台風をかい潜ります。
一方、雨女・雨男を自称する人は予報に無くても急に台風が近海で発生したりします。
台風女を自称するMさんはその名の通り台風を呼び、3泊4日の日程で観光する予定がホテルに缶詰になってずっとホテルで過ごしたそうです。
唯一良かったことはホテルに台風料金が設定されていて、約30%引きで宿泊できた事でした。
橋が架かった今では、台風が来ても伊良部大橋の通行止めの期間は短くなりました。

<マシン屋>
伊良部島ではスロットマシンの店の事をとマシン屋と呼びます。
パチンコ屋はパチンコ屋です。
島の人たちはパチンコ派とマシン派に分かれるようです。
伊良部大橋が架かる前は気合いを入れて船に乗って宮古島までパチンコやスロット勝負に出かけたものでした。
橋が架かってからは気合いを入れなくても宮古島行けるようになったので、遠征に行く人も増えました。
マシン屋はまるよしの近くにもありましたが、橋が架かって一年もするとさびれてしまいました。

<おまわり君>
伊良部のまもる (618x1024)今は有名になった宮古島まもる君ですが、以前は名前も有りませんでした。
名前を付けてグッズ展開までしようと考えた仕掛人がいると聞いています。
当初は宮古まもる君で商標登録を申請しようとしたらしいですが、既にどういう訳か内地の人が申請済みだったという事でやむを得ず宮古島まもる君で申請する事になったとか。
オリンピックエンブレムみたいにパクり疑惑をかけられそうですが、さすがに内地の人も宮古島の人に気が引けたのか訴訟ざたにはなっていないとの事のようです。
そんな訳で伊良部島のおまわり君もいつからか宮古島まもる君として元気で勤務しています。

<お米券>
宮古島では冠婚葬祭の際のご祝儀のお返しにお米券が使われますが、伊良部でも同様です。
以前はお米本体だったそうですが、重いのでお米券に変わったようです。
冠婚葬祭といっても内地と違って、出産、なーふぃー、誕生日、小中学校や高校の入学・卒業、結婚式などなど数え切れません。
お祝いに来る人数も親戚は勿論、友人、ご近所、会社の同僚など100人単位です。
お祝いの準備も半端ではありません。何日も前から献立を考えて、何種類もの料理やお菓子にビールや島酒をこれでもかと用意します。
お米券はお米に換えることはもちろんですが、買い物や居酒屋の支払いでも使えることがあります。

<緊急車両>
離島の離島の伊良部島では刺激も少なく、津波注意報などが発令されればいそいそと海を見に行ったり、パトカーや救急車などの緊急車両のサイレンが響くと皆、何事があったのかと外を覗いたものでした。
サイレンの原因は瞬く間に解明されて夜の話題になります。
橋が架かると緊急車両の出動も増えたようで、サイレンの音も珍しくなくなりました。
大震災以降は決して海には行かなくなったようですが、サイレンが鳴ると何故かそわそわします。

<軽トラック>
ひとむかし前、伊良部島で車と言えば白の軽トラックや黒またはグレーの軽のワンボックスカーが一般的でした。
農作業の軽トラはおじぃもおばぁも運転します。
おじぃ、おばぁは見通しの良い直線道路でも時速30キロそこそこでゆっくり走ります。
それでも島の人は文句も言わず車の後を走ります。
追い越す時も挨拶をしてゆっくりと追い越していきます。
橋が架かると島を訪れる人も増えてスピードを出す車も増えました。
なかには高速道路並みに飛ばす車もいます。
伊良部島は狭い島です。そんなにスピードを出さなくても十分観光はできますよ。
おじぃ、おばぁは直進の信号が赤でも自分の行きたい方向が青なら当然のように曲がります。
運転にはお気をつけください。

<硬水>
日本はどこに行っても安全な水道水が飲める珍しい国です。
伊良部島の水道水もモチロン飲めますが、内地から来た方はちょっと違和感があるかもしれません。伊良部の水は硬水です。微妙に味が違うのはその為だそうです。
伊良部島でも若い人はミネラルウォーターを買って飲む人が増えているようです。
宮古島、伊良部島の水は隆起した珊瑚の石灰岩の地層を染みて来るせいで弱アルカリ性になっています。おじぃ、おばぁが元気なのは健康に良い弱アルカリ性の水を飲んでいるからかもしれません。
その反面「腎臓に結石を持つ人は宮古島の水道水は飲まない方が良い」とまことしやかに言われています。
尿管結石で痛い思いをした内地から宮古島に通うSさんはビビって水道水を決して飲みませんが、本当のところは良くわかっていないようです。
この問題とは関係ありませんが、まるよしにはウォーターサーバーが設置されています。

<昭和何年生>
伊良部で年齢を尋ねる場合「おいくつですか?」とは言いません。
「昭和何年生?」というふうに生まれを聞きます。
同級生だったりするといきなり話がはずみます。
同級生の絆は強いです。中学を卒業しても30周年、還暦、古希の祝いとずーと続きます。
反面、先輩後輩の差は1学年違うだけでも絶大です。
そういう年長者を敬う生活の中でおじぃ、おばぁを大事にする文化が育っていくのかもしれません。

P1060585 (499x1024)
<模合>
伊良部島では模合(もやい)が頻繁に行われます。
もやいとはもともとは相互扶助の一つで新築や出産など出入りの多いときに立ち上げた制度だそうです。
現在は単に親睦を目的とした飲み会の場合もあります。
まるよしでも週末はもやいが良く行われます。
親戚のもやい、同級生のもやい、会社のもやいなど様々です。
男性のもやいでは高い確率でオトーリが行われます。
7対3で水で割った泡盛をピッチャーで造って作法に従って回します。
無理にお勧めはしませんが、伊良部に来られた際は是非ご体験ください。

<大浴場>
伊良部ではホテルなどの宿泊施設には湯船が有りますが、一般の家庭では浴槽が無いのが普通です。
風呂といえばシャワーだけです。
浴槽を付けた家でも一年もするとバスタブは物置場所になったり、時には畑の雨水受けになってしまいます。
そんな生活習慣からか、内地での生活経験の無い島の人は大浴場や温泉や銭湯に戸惑います。
旅行で温泉に行ってもシャワーだけで済ませる人もいるそうです。
ちなみにまるよしは全室ユニットバス付きです。

乗瀬橋からの渡口 (1024x692)<伊良部の橋>
伊良部島から下地島には行くには橋をわたります。
伊良部島のそれぞれの集落から橋が架かっていて、伊良部の集落からは伊良部橋、仲地からは仲地橋、国仲からは国仲橋など橋は6本あります。
佐和田、長浜地区からはなかよね橋、たいこ橋があります。
現在乗瀬橋は工事中ですが今年(2017年)の春に完成予定です。
橋の下は一見、川のように見えますが伊良部島と下地島の入り江になっていて川ではありません。海です。
完成すると乗瀬橋から眺める渡口は絶景ポイントになります。

<宮古テレビ>
宮古島には宮古テレビというケーブルテレビ局があって全国局の番組や地元の話題を放送しています。
チャンネルはいくつかあって市役所からの情報なども放送しています。
歴史は古く1978年から放送を開始しています。第1回宮古島トライアスロン大会はNHKのBS放送で生中継され一部で話題になりましたが、宮古テレビではトライアスロンは完全中継します。
小学生から職域までの各種のスポーツ大会も放送されて伊良部、佐良浜の小中学校のスポーツ選手は有名人です。
地元の演芸会や合唱コンクール、吹奏楽コンクールなどスポーツ、文化行事の放送はもとより、ニュースや議会中継などもろもろ地元に密着した幅広い放送を行っています。
行政放送では「路上寝は犯罪です」「徘徊犬に注意しましょう」など宮古島ならではの注意喚起をしています。伊良部島に来たら是非見てみてくださいね。

前編【んきゃーん(昔の)伊良部】【んなまぬ(今の)伊良部】

後編【伊良部の自然】【まるよし人間模様】

トップに戻る

2002年4月に発売され宮古島で大ベストセラーになった「読めば宮古」。そんな話が伊良部にもたくさんあります。まるよしで夜な夜な語られる伊良部の話を紹介します。
「読めば宮古」は今でも宮古島の書店で販売しています。

【伊良部の自然】
<ホタル>
伊良部では一年中ホタルが見られます。
伊良部の人にとって海が綺麗なのが当たり前のように、ホタルがいるのは特別な事ではありません。
そんな訳で内地の様にホタル観察会などは開催されません。
内地で見られるゲンジボタルやヘイケボタルと違って陸生の森のホタルです。
幼虫を良く見るとグロテスクという人もいますが、一生懸命灯りを点滅させています。
ちなみに幼虫はカタツムリなどを食べているそうです。
まるよしの近くでも見る事ができます。

以前、関西から来た昔のお嬢様方がホタルを見たいと言ったので、管制塔近くの暗い道に案内しました。
その日は幸運にもホタルが乱舞。空には満天の星空がひろがり、昼間のぬくもりが残る道路に寝転がってホタルと星空の競演を満喫しました。
お嬢様方も嬌声あげて大変満足されたようです。
それ以降そんな幸運な話はあまり聞きませんが是非また見たいものです。

ホタルを見ようと夕食後に探検に出かけたHさんはあちこち散々歩いた末、努力むなしくホタルを見る事ができずに帰って参りました。
ところがまるよしに戻って駐車場で草むらに眼を凝らすと数匹の幼虫が灯りを点滅させていました。
急がば回れ。灯台下暗し。努力した者は報われる。
頑張れば何か良いことがあるものですね。

<イタチ>
宮古諸島の外来種 (723x1024)伊良部島・下地島の道を走っているとリスのような小動物がいきなり道を横切ります。
リスではありません、イタチです。
沖縄本島のハブ対策にマングースが放されたように、サトウキビをかじるネズミ対策で放されたニホンイタチだそうです。
ニホンイタチは国内由来の外来種で、宮古諸島ではイタチの餌となるヘビ・トカゲ類、昆虫が減っていると心配されているそうです。
その辺の事情は環境省那覇自然環境事務所が発行した「宮古諸島の外来種」というパンフレットに載っています。
「宮古諸島の外来種」は環境省那覇自然環境事務所のウェブページでもご覧になれます。ダウンロードこちらから。

<アフリカマイマイ>
アフリカマイマイは15㎝にもなる外来種のカタツムリです。
直に触ったり、アフリカマイマイが触れた野菜などを生食すると寄生虫に感染して死ぬ事もあるそうです。
昔、伊良部で道を埋め尽くすほど大量発生した時はたくさん採って茹でて食べたそうです。
バイガイより美味しいという人もいます。
インドネシア産のエスカルゴの缶詰めは大概はアフリカマイマイだそうです。
伊良部の子供たちは知らず知らずに高級料理のエスカルゴを食べていたのです。
アフリカマイマイについては「宮古諸島の外来種」にも載っています。

<サシバの留鳥>
渡り鳥のサシバですが伊良部に住みつくものもいます。
サシバの留鳥と言うそうです。
渡口付近やゴルフ場、下地島の入り江あたりで空を舞うことがあります。
渡るのに疲れたのか、面倒くさいのか、よっぽど伊良部が気に入ったのか、鳥にも性格が色々あるようです。
サシバの留鳥のように旅の途中で伊良部に住みついてしまった人もいます。

<スズメ>
伊良部の朝は鳥の声でにぎやかです。
代表はスズメのさえずりです。電線や軒先でチュンチュンうるさいくらいおしゃべりをしています。
普段は10数羽ですが、餌がある時は100羽以上います。
都会のスズメは核家族で他の家族と餌の奪い合いをしていますが、伊良部のスズメは親戚一同集合して仲良く食べています。
まるで人間社会を映しているようです。
まるよしの駐車場には巣箱が置かれていて、子育ての季節になるとスズメが巣作りします。

<イソヒヨドリ>
伊良部の朝、スズメのさえずりの合間に美しい声が聞こえてきます。
声の主はイソヒヨドリです。
ヒヨドリより一回り小振りで美しい羽根をしています。
ヒヨドリは都会ではギャング扱いですが、こちらのイソヒヨドリは態度は控えめで綺麗な姿をしています。
佐和田の浜など海岸線で良く見かけます。

<伊良部の夕日>
下地島空港夕日 (1024x682)下地島では絶好の夕日ポイントが幾つかあります。
有名どころでは佐和田の浜があります。
夏場は奇岩の先の下地島空港に日が沈みます。
落ちる夕日が海に反射する様子と奇岩のシルエットの景色が幻想的です。
秋口は下地島空港の先に沈みます。夕日の頃になると滑走路の外周道路にはどこからともなく人が集まってきます。
橋が架かってからは宮古島から見物に来るようになりました。
通り池の休憩所から海に沈む夕日も綺麗です。
冬場は沈む場所も変わって渡口の浜付近からも良いポイントになります。

<伊良部の星空>
伊良部島では感動的な星空が見られますが、流星群が見られる時期は更に凄いことになります。
オリオン座流星群、しし座流星群、ペルセウス座流星群などとニュースで言っていたら、酔っていても外に出て夜空を見上げて下さい。
首が疲れたら道路に寝転んでも大丈夫です。
天の川をまたいでアチコチで流れ星が飛び交います。
1時間で10個以上見られる事もあります。
流れ星をたくさん見られる事に感激する余り、その度願い事を忘れてしまいます。

ヤシガニ (1024x974)<ヤシガニ>
まるよしに通うHさんとYさんは夕食後、ヤシガニ捕りに下地島に遠征に出かけてすったもんだの末、見事捕獲に成功しました。
捕獲されたヤシガニはその夜、蓋に重いブロックを乗せたポリバケツに入れられてまるよしの裏手に置かれました。
一夜明けて翌日見に行くとヤッシーはブロックをものともせず逃亡していました。
しばらく飼育する計画で名前まで付けたのに残念でした。
どこかの誰かが鍋に入れたという疑惑は残りましたが、ヤシガニの力恐るべしとしておきます。
宮古島市ヤシガニ保護条例が出来るずっと前の話です。

ヤシガニ看板 (1024x760)<ヤシガニ保護条例>
伊良部でマクガン(ヤシガニのこと)を捕ってはいけない場所があります。
お墓や焼き場の近く、御嶽付近では地元の人は誰も取りません。ご先祖様が姿を変えてくると考えられることもあります。
下地島はどこでも大丈夫だそうです。
ただし、現在は宮古島市ヤシガニ保護条例で捕獲禁止の時期や場所などが指定されています。
宮古島ではヤシガニ料理の登り旗がたっていますが、そのヤシガニはどこから来るのでしょう?

<白砂海岸>
渡口の浜 (1024x768)宮古諸島には白砂が美しい海岸がたくさんあります。
来間島の長間浜、宮古島の前浜が有名ですが、伊良部島では渡口の浜が代表的な白砂の海岸です。
手の平を砂に押し付けてくっついた砂を見るとサンゴの欠片や小さな巻貝や星砂・太陽の砂などが見られます。
宮古諸島には川が無いため、内地の様に川から流れ出た山砂はありません。
裸足で歩いても熱くならないのはそのためです。
山砂に含まれる鉄分が無いからだそうです。
是非裸足で歩いてみて下さい。

<クモガイ>
クモガイ (594x1024)宮古島の市の貝はスイジガイです。
大きさは15~20cmほどで、漢字の水の字に似ているのでその名がついたそうです。
魔除けとして家の入り口の石垣などにつるしてあります。
スイジガイの仲間にクモガイがあります。
クモガイも魔除けとして使われる場合があります。
一般的には食用にはしないようですが、茹でて殻を割って食べたり、身を引っかきだしてポン酢で食べたりすることもあるそうです。
サザエより美味しいという人もいます。
クモガイも以前はたくさん捕れましたが、最近は数も減ったようです。
サンゴのガレバに眼を凝らすと見つけられるかもしれません。

<島ダコ>
伊良部の海ではタコがよく見られます。
サバウツガーの海では地元の漁師がタコ漁をしています。
下地島のビーチにはカラフルな魚やサンゴを見にシュノーケルをする人がたくさん来ますが、下地の海にもタコがいます。
擬態しているので簡単には見つけられませんが、じっと見ていると解かるようになります。
橋が架かるずいぶん前、中の島でタコを発見したHさんはすかさず潜るとサンゴの隙間に逃げ込む直前に手づかみで捕まえました。
本人は今晩の酒の肴が出来たと喜んでいたようですが、ハマに戻る途中に墨は吐かれるは、足を首に巻きつけられるは、散々抵抗されて結局逃げられてしまいました。
その一部始終を見ていた友人はHさんがタコを捕まえたのではなく、タコに襲われたのだと思っていたそうです。
大分古いですがテンタクルスみたいな話でした。

<クワズイモ>
クワズイモ (1024x657)クワズイモの葉はサトイモのような形をしていて、大きなものは傘にして人が入れる位になります。
鳥獣戯画にも僧侶の上に葉っぱの傘を掲げる蛙がいます。
絵本では子供が大きな葉っぱを傘にしています。
まるでまんが日本昔話やトトロの世界です。
クワズイモは毒性があるためその名のとおり食べることはできません。
モノの本によると切り口からでる汁にも手を触れないほうが良いそうです。
観葉植物にもなっているので見るだけにしておきましょう。
下地島の一周道路には巨大な葉っぱがたくさん見られます。

ゴマモンガラ<ゴマモンガラ>
下地島の浜で潜るとかなりの確率でゴマモンガラに出会います。
カワハギの一種ですが50㎝以上はあるでしょうか、水中で見るとさらに大きく見えます。
顔つきが凶暴で怖いお兄さんがガンを飛ばしているように見えます。
縦になったり横になったりしながら水底の岩をひっくり返して貝を探したり、鋭い歯でサンゴをがつがつかじっています。
伊良部島に通うМさんはゴマモンガラに追いかけられたトラウマで見かけるとすぐに逃げます。
後日テレビの番組で、繁殖期には攻撃的になって巣に近づいた場合などに人に向かってくることがわかりました。子育ては大変だと思い怖い顔にも愛着をもちました。

モクマオウ<モクマオウ>
伊良部島、下地島にはモクマオウの木があります。
元来は南方の木で伊良部では植林されたものが野生化したそうです。
サシバの渡りの頃はサシバが羽を休めます。
漢字だと木麻黄と書くらしいですが、モクマオウも夕方から夜にみると木魔王の漢字が似合いそうなシルエットです。
内地で見られる強風で曲がりくねったカイヅカイブキも不気味な形でスリーピーホロウの世界ですが、モクマオウを背景にヤエヤマオオコウモリが飛ぶとドラキュラの世界になります。

<タカラガイ>
潮が引くとサンゴや岩の間に色々な貝が見られます。
タカラガイそのなかでも美しいのがタカラガイです。
伊良部島、下地島の海ではキイロダカラ、ハナビラダカラ、ハナマルユキダカラが良く見られます。
浜辺に打ち上げられたタカラガイは波に洗われて輝きを失っていますが、独特の形でビーチコーミングでは人気があります。
生きているタカラガイは神秘の光沢を放っています。海の宝石といわれる理由です。
特にキイロダカラは幸せを呼ぶと言われ、人気があります。
今は数も減りましたが、数十年前は潮が引くとあちこちで見つけられたそうです。

<ダツ>
旧暦6月1日と7月1日の大潮の頃スクがイノーに入って来ます。
スクはアイゴの稚魚の事で、イノーとはリーフに囲まれた池のような浅い海の事を言います。
藻を食べる前のスクは美味で、昔から寄りものとして海からの贈り物と言われています。
塩漬けにしたスクはお酒のツマミのスクガラスとして知られています。
同じ頃、イワシやキビナゴの幼魚の群れも浜に入ってきます。
それらの小魚を狙ってダツも浅瀬に入って水面近くを旋回します。
ダツはうろこがキラキラ光るのを目がけて鋭い口で襲ってきます。
金属のネックレスをして海に入っていた女性が喉もとを突き刺されたことがあるそうです。
海に入るときは光物は避けましょう。
夜海に入るときも、ライトは上に向けっておかないとダツに襲われるそうです。
ダツは食用にもなるそうですが、美味しいという人とそうでない人に分かれます。

<クマゼミ>
梅雨明けを知らせるようにクマゼミがなき始めます。
7月の暑い盛りは大合唱になります。
遅い夜が明けて陽が昇ると共に鳴き始めると、朝の連続テレビ小説が始まる頃はシャーシャーとうるさいぐらいに鳴いてテレビのボリュームを上げさせます。
ところが、セミも暑さ負けするのでしょうか?不思議な事に昼を過ぎるとおとなしくなって行きます。
朝ドラはお昼の再放送を見る方が良さそうです。

ドラゴンフルーツの花<ドラゴンフルーツ>
まるよしの駐車場にドラゴンフルーツの木があります。
6月から7月に掛けてと11月頃に年に2度花を咲かせます。
月下美人の花とそっくりの美しい花です。花は夜に咲き、日が昇るとしおれて行きます。
不思議な事に花は同じ日に一斉に咲いて、夜から明け方のわずかな時間に昆虫が集まってきて受粉します。受粉した実は一月ほどで美味しく食べられるようになります。
伊良部島を散歩して良く見てみるとドラゴンフルーツの木はあちこちに見られます。

難破船 (889x533)<季節風>
フナウサギバナタから海を眺めると右手に難破船がみえます。
2013年1月に座礁したモンゴル船籍の小型タンカーだそうです。
乗組員に犠牲者もでた痛ましい事故ですが、この時期は定期船も欠航するほどの強い北風が吹きます。改めて冬の季節風の強さを思い起こさせます。
3年半を経過した難破船は朽ちて姿が小さくなっています。

<ヤエヤマオオコウモリ>
陽が落ちて夕闇が迫ると大きな鳥が飛び交い始めます。よく見ると鳥ではありません、コウモリです。都会でも森が近くにある場所ではコウモリを見かける事が有りますが、伊良部のコウモリは巨大です。伊良部島のコウモリは宮古諸島を含む南西諸島に生息しているヤエヤマオオコウモリという大型のコウモリです。羽を広げると60㎝にもなると物の本に書いて有りますが、実際はもっと大きく見えます。コウモリと言えば洞窟を思い浮かべますが、洞窟内には棲まず、普段は木の枝などに止まっています。夜行性で夕方から夜にかけて主にイヌビワなどの果実や花,葉などを食べているそうです。よく見るとまるよしの近くの電線や木の枝にぶら下がっています。月夜にバサバサと飛ぶ姿はまるで映画のようです。

<絶景ポイント>
宮古諸島は8島ですが、それぞれの島に数多くの絶景ポイントがあります。そのなかで宮古島・池間島・来間島・伊良部島・下地島の5島は橋で繋がり、宮古島を訪れる人は簡単に絶景ポイントを訪れることができます。
伊良部島でも牧山展望台から見る伊良部大橋、サバ沖井戸や三角点のからの海の展望、渡口の浜の白砂や入り江の美しさなど絶景ポイントは挙げればキリがありません。
そんな中でも下地島空港の誘導灯付近の海はエメラルドグリーンからマリンブルーまでの様々な色がグラデーションとなって、この世のものとは思われないほどの美しさです。
島の人たちも下地島空港の景色が皆大好きで、ドライブコースになっています。
異論はあるかと思いますが、宮古島の東平安名崎の灯台から眺めるパノラマの絶景、来間島の竜宮城展望台から臨む白砂の前浜などと共に宮古5島の絶景ベスト5にランクインするのではないでしょうか。
そうしているうちに、火野正平のこころ旅でも下地島空港の絶景が取り上げられました。
これで全国区になった下地島空港付近は混雑が予想されます。
宮古島に来られる方は是非お寄りください。
風の弱い波の静かな引き潮の時がより綺麗ですよ。
下地島空港 (1024x576)東平安名崎 (1024x575)来間からの前浜 (1024x576)


入江の夕焼け (1024x680)<伊良部の夕焼け>
伊良部島では夕日が綺麗に見えるポイントが数多くありますが、夕焼けのポイントもたくさんあります。
夕日の絶景ポイントと夕焼けのポイントは一致する場合が多いですが、必ずしも一致するとは限りません。
夕日を見に下地島空港や佐和田の浜や西海岸に行っても、残念ながら綺麗な夕日が見れない時もあります。
でも諦めては行けません。太陽が海に沈まなくても、空を染める夕焼けが見られる時があります。
特に雲を染める夕焼けは息をのむ美しさです。
海からの帰り道に空を見上げてみてください。
そんなポイントのひとつに入江の夕焼けがあります。

デイゴ (1024x689)<デイゴ>
宮古島の花木はデイゴです。花木のほかに市の花はブーゲンビレア、市の樹木はガジュマルが指定されています。
デイゴは春から初夏にかけて咲く花ですが、県の花にもなっていて、名曲「島唄」の中でも歌われています。
先日(2017年2月21日)のニュースで伊良部島でデイゴが咲いたと放送されていましたが、映像を見ると平成の森公園に隣接するB&Gのデイゴでした。
2月は北風が強く寒い日が続いていましたが、春の訪れが感じられる頃になりました。
デイゴの花は伊良部島などの先島諸島から咲き始め、沖縄県全体に広がって行きます。
花はまだ1部から2部咲きですが、4月から5月にかけて最盛期をむかえます。
これから伊良部島を訪れる方は是非訪れてみてくださいね。


【まるよし人間模様】
<尖閣事情>
中国の船が尖閣諸島に頻繁に出没するようになった頃、某放送局の取材スタッフが伊良部に常駐していて、まるよしにも関係者が宿泊していた時がありました。
ヘリコプターで下地島空港から尖閣諸島まで約50分で行けるそうです。
改めて尖閣との近さを感じさせられました。
取材ヘリのパイロットのNさんはその日の業務を終えるとジョギングや素潜りや島酒などで単身赴任の寂しさを紛らわしておりました。
いつしか中国が一方的に防空識別圏を設定すると出動も出来なくなり、伊良部での仕事も終わりになってしまいました。
寂しさを紛らわすとは満喫するという意味ではありません。

牧山の鉄塔 (953x1024)<鉄塔のメンテナンス>
牧山に高い鉄塔が2本建っています。NTTと県防災の鉄塔です。
伊良部島で一番高い牧山にあるので伊良部のランドマークになっています。
鉄塔のメンテナンスは3年ごとに行うそうですが、専門の技術が必要なので沖縄本島から職人さんたちがやってきます。
まずボルトの付け替えなど構造上のメンテナンスの職人さんがきて、最後はペンキ塗りの職人さんです。
強い風のなかの高所作業で危険を伴う大変な仕事です。
まるよしにはあわせて1ヶ月から2ヶ月弱の滞在となりますが、伊良部の後は久米島、次は与那国と離島を渡り歩いて数ヶ月の間、家を離れるそうです。
まるで遠洋漁業の漁師のような生活です。
遠洋の漁師さんと同じように、家に戻るたびに家族が増える人もいるそうです。

<折り紙名人>
宿泊されたお客さんが夕食の後に何やらテーブルで作業をしておりました。
会計が済むとテーブルの上には綺麗な薔薇の花が二つ乗っています。
僅かな時間に折り紙で折った物でした。
薔薇がきっかけで話が始まり、他のお客さんも交えてにわか折り紙教室になりました。
折り紙名人は初心者のためにカエルの折り方を教えてくれました。
折り紙名人は飛行機の席でも折り紙を折って隣の席の人と仲良くなるそうです。
折り紙の技術が凄いのは言うまでもありませんが、コミュニケーションの道具としても素晴らしいですね。
そんな一芸が欲しい物です。
折り紙薔薇 (1024x630)折り紙カエル (1024x846)
<スマホ事情>
まるよしに夕食を食べに来た観光客と思われるカップルがメニューを見てアバサー汁とは何だろうと話しておりましたが、いきなりスマホを取り出してそれぞれで調べはじめました。
しばらくすると実態がわかった様子で納得をしておりました。
ちなみにアバサーとはハリセンボンの事です。
スタッフに声を掛けていただければお答えします。
会話もコミュニケーションも生まれます。
場合によって、質問の答え以上に色々お話しすることもありますので悪しからず。

<星空鑑賞>
神戸からいらした三人のお嬢様方が夕食の後にホタルと星空の観察に出かけました。
2月の寒い時期でしたがホタルもチラホラ舞って幼虫も草むらで灯りを灯しているのが見れました。
道にシートを敷いて空を見上げた時には綺麗な星空は勿論、三人のうち二人は流れ星も見ることが出来ました。
その後まるよしに戻った後には、不幸にも流れ星を見逃した一人のために屋上の物干し場でリベンジ観察会を開いたそうです。
なんという優しさ、なんという執念、そして見事三人とも流れ星を見ることが出来たそうです。
こんな風に伊良部の夜を楽しんで頂けたら嬉しいですね。

<訓練生>
下地島空港でタッチアンドゴー真っ盛りだった頃、訓練生や教官など空港関係者が毎晩のようにまるよしで宴会をやっていました。
伊良部島では居酒屋や飲み屋も数が限られていて、知らず知らずに顔なじみになり会話を交わしたり一緒に飲んだりします。
超能力でもあるのか、不思議な事にAの着く会社の関係者とJの着く会社の関係者は決して同じ店にならなかったそうです。

<ゆんたく>
神奈川からまるよしに通う二人組は毎晩のようにスタッフと交流してゆんたくします。
ある晩いつものように伊良部話で盛り上がっていると、外出から戻った大阪の一人旅のお姉さんにスタッフが声を掛けて話の輪が広がりました。
生き字引のようなNさんの話やSさんのちょっとアブない話題など地元ならではの話に耳を傾けてお酒もすすみます。
そこに連泊している千葉から来ている若い家族も加わって島の情報を交換します。
しっかり者の小学校1年生の可愛いお嬢さんは海が大好きで、海の話に眼を輝かせます。
結局翌日はNさんが通り池を案内したり、夕方に皆で中の島海岸でシュノーケルする事になりました。
民宿ならではの出会いは楽しいものです。
伊良部を気に入ってもらってリピーターになってもらえば嬉しいですね。

<オトーリ体験>
まるよしの居酒屋タイムも9時を過ぎ、飲んでいるのはテーブル席に二組、座敷に一組となりました。
座敷に居た地元の常連さんグループのHさんからの「一緒に飲まんか」の一声で福岡から来たカップルと神奈川の二人組も座敷に移動します。
そこに厨房が一段落したスタッフも加わり総勢11人の宴会になりました。
地元ならではの話やオトーリ体験もして大いに盛り上がりました。
梅雨が明けて毎日暑い日が続いていますが、まるよしの夜も熱いです。

<イチャリバチョーデー>
地元の常連のSさんが内地の若いお嬢さんを二人連れてまるよしに食事に来ました。
Sさんが大阪で働いていた時に知り合った友達の娘さんとお友達だそうです。
時間も9時半を回った頃、たまたま居合わせたまるよしに通うHさんとスタッフにSさんが声を掛けるとにわか宴会になりました。
伊良部や大阪の話に話が咲き、スタッフのTさんがSさんをいじって場を盛り上げます。
そのうち、なぜか海が苦手なSさんに替わってHさんがお嬢さんたちを海に案内する事に話がまとまりました。
翌日は天気にも恵まれ、伊良部の穴場ビーチでお嬢さんたちも綺麗な海をたっぷり楽しんでいただいたようです。
イチャリバチョーデー(行き交えば皆兄弟)、こんな偶然の出会いで伊良部島のファンが増えてくれれば嬉しいです。

<裏伊良部ガイド>
まるよしに4連泊された福岡からいらしたお姉さまたちと挨拶を交わすようになった長期滞在中のお客さんが、連泊の最終日にお気に入りのマンゴー園を案内する事になりました。
マンゴーを注文するだけのはずが話が弾み、お姉さまたちが滞在中に行っていない地元のスーパーで買い物したり、ガイドブックに載っていない絶景ポイントを見たり、限られた時間で伊良部島を巡りました。
にわかガイドでしたが少しは気に入って頂いたようで、お礼の手紙が届いて嬉しい限りです。
マンゴーと同じように、ガイドもA級品の高品質さよりもB級品の方が身構えないでお手軽で良い事もあります。
B級品で良ければいつでもご用意いたします。
まるよしでは地元スタッフによるガイドブックに載っていない裏伊良部案内を企画中です。

<九九の歌>
まるよしには観光客の方ばかりではなく、色々な工事関係の職人さん達も宿泊します。
職人さんたちは仕事の性質上、長期滞在になる場合がよくあります。
夕食時に会話を交わすようになると色々な話で意気投合して、伊良部島を離れる前に送別会という名目でスタッフとカラオケに行ったりする事もあります。
ある時、若い職人さん達とカラオケ行った時はさすがに世代の差は埋められず、歌う曲も今風の曲ばかりで中々ついて行けません。
その場では盛り上がっていたNさんですが、後で聞いてみると若者達がラップを歌った時は、小学生の時に習ったかけ算の九九を唱えていると思ったそうです。
それ以来ラップの事を九九の歌と言っているようです。

スパム02 (1024x588)<スパム>
神奈川からまるよしに通うMさんは市内のスーパーで食料品を大量に買い込みます。
その中でもスパムはお目当ての一つで内地より大分安いそうです。
お一人様3個までの安売りでもやっていようものなら、眼を輝かせて同行した友人の枠も使いきります。
結果スーツケースはパンパンに膨らみ重さも倍増します。
帰りの飛行機のチェックインで見事に相当な重量オーバーになり、宅配便で送るはめになりました。

宮の華紙パック (496x1024)<宮の華>
神奈川からまるよしに通うMさんは帰りの飛行機で荷物の重量オーバー制限に引っ掛かった経験があります。
懲りないMさんは今度は周到に重量を計算した上で、伊良部島産の泡盛「宮の華」の一升紙パック6本入りを買い込んで搭乗のチェックインをしました。
今度はアルコール持ち込み制限に引っ掛かって、泣く泣く宅配便で送るはめになりました。

<台風のお土産>
猛烈に発達した台風18号は久米島、慶良間諸島近辺を通過して東シナ海を北上していきました。
ちょうどその時期に慶良間諸島行きを計画していた群馬のMさんは、慶良間行きを諦め、急きょ宮古島に行き先を変更しました。
選んだ宿は伊良部島のまるよしでした。
ひょんな事からまるよしに三連泊する事になったMさんは初日からスタッフのSさんの「こっちにおいで」の一言をきっかけにゆんたくすると、2日目は模合(もやい)に特別参加してカラオケを歌い、最終日も当然のように盛り上がりました。
よくよく話を聞いて見ると、初めから地元の人たちと交流出来そうな宿を選んだとか。
初めてのダイビングにも挑戦できて、目的が充分以上に達成出来て満足して頂いたようです。
伊良部の夜はまだまだディープです。
偶然たどり着いた伊良部だと思いますが、またいらして下さいね。

グルクンからあげ (1024x715)<グルクン釣り>
まるよしに泊まっていたカップルが夕食を食べていると、隣のテーブルで飲んでいた地元の常連のNさんの一行が声を掛けて伊良部の話に花が咲きました。
そこにスタッフのTさんやNさんも加わって伊良部の情報を伝えます。
そんな会話が繋がって、たまたま休暇で伊良部に戻っていた船会社に勤めるTさんの息子さんがカップルをグルクン釣りに連れて行く事になりました。
翌日、はじめは船酔いを心配して1時間程度の予定でしたが、大漁で時間も忘れ半日釣りまくったそうです。
釣った魚はもちろんその夜のまるよしの食卓に上りました。
カップルも大満足だったようで、また伊良部を訪れたいとのことでした。
きっかけはどこにあるかわかりません。
袖振り合うも他生の縁。縁は大事にしたいですね。

<牛乳>
まるよしでは夕食時になるとちょっとしたきっかけでお客さんどおしが声を交わしたり、スタッフと会話をするようになります。
宿泊して一杯やろうものなら、その確率はかなりの割合で増えます。
神戸から宮古島に通うMさんはミルク酒を飲みながら「牛乳を飲むと物忘れが激しくなるらしい」と話題を提供します。
それを聞いた牛乳大好き人間で、最近物忘れが多く若年性認知症を自称する神奈川から通うYさんはギョッとします。Yさんの日頃の言動を知る長期滞在中の脱脂粉乳世代のHさんは何故か納得しています。
そんな話題から始まって色んな会話で盛り上がって夜が更けていきます。
そう言えばまるよしのスタッフも人の名前が出てこなくなったり、「あれ」とか「それ」で済ますことが多くなりましたが、牛乳を飲み過ぎたせいではないようです。

P1060153 (714x1024)<島のお母さん>
まるよしのランチタイムは地元の人や観光客の皆様で賑わいますが、夜の居酒屋タイムも模合などで賑わいます。
男性の集まりではビールの後は島酒でオト-リが始まるのが常ですが、女性ばかりの集まりではちょっと様相が変わります。
ビールを飲む場合も有りますが、アイスコーヒーなどのソフトドリンクでも盛り上がります。
そんな中で週末になると高い確率で現れる若いお母さんのグループは圧巻です。
一週間の仕事の疲れを癒すのか、日頃のうっぷんを晴らすのか、まずはビールで乾杯です。
すかさずビールおかわり、会話が弾んで又ビール。
綺麗なお母さん達のどこにそんなに入るのか、とにかくビールビールビールです。
盛り上がる会話で心が満たされるのと反比例してビールの樽は干上がって行きます。

<中体連バレーボール>
昨年、宮古島で開催された沖縄県の中体連のバレーボール大会で女子は沖縄の松島中学が優勝しました。
大会が終わった翌日、松島中学の選手や保護者の皆さんがまるよしを訪れました。
お話を聞くと、伊良部島で開催されている佐良浜印刷旗小学生バレーボール交流大会に小学生の時に出場して、その時まるよしに宿泊したそうです。
生徒たちが思い出の場所を是非訪れてみたいと言って突然の訪問になりました。
記念撮影や懐かしい民宿の部屋を改めて見学して思い出話に花が咲きました。
女子チームの2回目の来訪は大変うれしいことでした。
今度は高校のチームで来てくださいね。
今年(2017年)の大会は3月25日、26日に行われる予定です。

前編【んきゃーん>(昔の)伊良部】【んなまぬ(今の)伊良部】

中篇【伊良部の風物詩】【伊良部の日常】

トップに戻る

2015131日の伊良部大橋開通に伴い、伊良部大橋からまるよしまでのルートに手づくり看板を5枚設置しました。
マニアのあなた、是非さがしてみて下さい。

と言っていたら、大橋が架かって一年3ヶ月が過ぎると、手作り看板もいつの間にか生き残りは一枚になってしまいました。
生き残りは誰でしょう?
02 看板1 (800x450)

続きを読む

まるよしの内部の様子や周辺の風景を紹介します。


まるよし外観

01 まるよし3(1024x573) 02 01まるよし1 (1024x576)
03 まるよし2 (1024x562) 04 02まるよし看板 (1024x667)

駐車場のシーサー

05 01駐車場シーサー1 (1024x768) 06 01駐車場シーサー2 (1024x768)

(左)受付カウンター (右)洋室入り口

10 食堂3(1024x575) 12 洋室2 (1024x575)

(左)洋室 (右)ユニットバス

13 04洋室1 (1024x575) 14 04ユニットバス1 (1024x575)
(左)和室入り口 (右)和室

15 和室2(1024x575) 16 04和室1 (1024x575)

(左)和室 (右)大部屋

17 和室3 (1024x575) 18 04大部屋1 (1024x575)

(左)大部屋ユニットバス (右)コインランドリー

19 大部屋のユニットバス (1024x575) 20 コインランドリー2(1024x575)

(左)コインランドリー (右)駐車場のドラゴンフルーツの花

21 04コインランドリー1 (1024x551) 07 駐車場のドラゴンフルーツ (1024x638)

部屋のベランダからの景色(左)西側 (右)北西側

22 部屋の窓から1 (1024x575) 23 部屋の窓から2 (1024x575)

(左)北側 (右)南側
24 部屋の窓から3 (1024x575) 25 部屋の窓から4 (1024x575)

トップに戻る

「お食事」の記事で紹介できなかったお食事を含めてメニューを紹介します。
 

食事メニュー

00-1食事メニュー01 (1024x723) 00-2食事メニュー02 (1024x723)
(左)一品メニュー (右)ドリンクメニュー

00-3単品メニュー (1024x723) 00-4ドリンクメニュー (1024x723)
(左)まるよしそば (右)肉そば

1-01まるよしそば (1024x813) (886x641) 1-03肉そば (1024x684)
(左)みそ汁 (左)みそ汁定食

1ー06みそ汁 (1024x684) 1ー06みそ汁定食 (1024x767)
(左)ゆしどうふ (右)ゆしどうふ定食

1-11ゆしどうふ (1024x684) (1) 1-11ゆしどうふ定食 (1024x773)

(左)だいずズミッそば (右)ポークタマゴ

1ー13 だいずズミッそば (1024x636) 1ー15 ポークタマゴ (1024x723)

(左)焼き肉 (右)焼き肉定食

1-16 焼き肉 (1024x658) 1-16 焼き肉定食 (1024x840)
(左)魚フライ (右)若どりからあげ

1-19 魚フライ (1024x805) 1-20若どりのからあげ (1024x626)
(左)エビフライ (右)ゴーヤチャンプル

1-22エビフライ (1024x623) 1-23ゴーヤチャンプル (1024x770)
(左)パパイヤチャンプル (右)グルクン

1-24パパイヤチャンプル (1024x684) 1-25グルクンからげ (1024x747)

(左)ナスみそ (右)フーチャンプル

1-26 ナスみそ (1024x575) 1-27フーチャンプル (1024x626)
(左)野菜いため (右)ミックスフライ

1-28野菜いため (1024x717) 1-29ミックスフライ (1024x637)
(左)宮古牛焼き肉 (右)ちゅらぶたヒレカツ

2-16宮古牛焼き肉 (1080x861) 2-18ちゅらぶたヒレカツ (1024x784)
(左)チャーハン (右)トンカツチャーハン

2ー10チャーハン (1024x705) 2ー13トンカツチャーハン (1024x633)
(左)アーサーチャーハン (右)ジャンボカツカレー

2-15アーサーチャーハン (1024x743) 2-21ジャンボカツカレー (1024x639)
(左)ソーメンチャンプル (右)カツ煮

3-05ソーメンチャンプル (1024x661) 3-09カツ煮01 (1024x682)
(左)ミミガーのピーナッツバター (右)にがなの白和え

3ー13 ミミガーのピーナッツバター 3-14にがなの白和え (1024x682)
(左)島らっきょうのかつおぶし和え (右)焼きそば

3ー15 島らっきょうのかつおぶし和え (1024x768) 3-23焼きそば (1024x683)
(左)焼きうどん (右)エビチリ

3ー24焼きうどん (1024x741) 3-27エビチリ01 (1024x703)
(左)さしみの盛り合せ (右)チーズちくわ

3-30さしみ盛り合わせ (1024x898) 3-10チーズちくわ (1024x638)
(左)野菜サラダ (右)ナスサラダ

3ー16 野菜サラダ (1024x727) 3-17ナスサラダ (1024x735)
(左)ゴーヤととり肉サラダ (右)海鮮サラダ
3ー18 ゴーヤととり肉のサラダ (1024x736) 3-19海鮮サラダ01 (1024x682)
 
トップに戻る

「まるよしのお土産」で紹介できなかったお土産を紹介します。

かりゆしウェアコースター
01-1かりゆしウェアコースター 2 (1024x788) 01-2かりゆしウェアコースター 3 (1024x799)
紅型コースター四角
02-1コースター四角2 (1024x988) 02-2コースター四角3 (1024x980)

(左)紅型コースター四角 (右)紅型コースター六角
02-3コースター四角4(1024x944) 03コースター六角 (1024x691)




サバ二コースター
04-1サバ二コースター 2(826x699) 04-2サバ二コースター3(1024x735)


紅型ポーチ
06-1ポーチ (1024x810) 06-3ポーチ 3(1024x784)

星砂スタードーム
12-1スタードーム2 (608x691) 12-2スタードーム3 (628x687)

タカラガイのストラップ
21-2ストラップ6 (645x629) 22-1ストラップ4 (592x720)
(左)タカラガイのストラップ (右)イモガイのストラップ
22-2ストラップ5 (598x652) 23-1ストラップ3 (610x771)

タカラガイのチョーカー
31-2チョーカー2 (580x800) 32-1チョーカー 4 (673x896)

スマホ用イヤホンジャック
41-2スマホ用イヤホンジャック4 (362x438) 42スマホ用イヤホンジャック3 (545x608)


(左)ハナマルユキのイヤホンジャック (右)キイロダカラのキーホルダー
43スマホ用イヤホンジャック2 (398x483) 52キーホルダー2 (426x748)
キイロダカラのピアス
62ピアス3(485x524) 63ピアス4 (483x561)
65ピアス6 (406x473) 61ピアス2 (645x530)
 




 
トップに戻る

マイペース伊良部旅その1
「空港からまるよしまで」で出会える景色や旅の目印を紹介します。
 

(左)宮古空港 (右)空港ターミナルバス停留所
01宮古空港 (1024x684) 02空港ターミナルバス停(1024x684)

(左)公設市場前バス停留所(右)公設市場
03公設市場前バス停 (1024x684) 06公設市場2 (1024x684)
(左)平良港バス停留所伊良部島へのバスはここから出ます(右)平良港バス時刻表
07平良港バス停 (1024x575) 20170211バス時刻表 (1024x673)

(左)伊良部島行き共和バス
料金は前払いです(右)伊良部大橋から見た伊良部島
09共和バス (1024x575) 10伊良部大橋から (1024x576)
屏風岩
11屏風岩 (1008x1078) 12屏風岩2(1024x576)








(左)バスから見るサトウキビ畑 (右)国仲交差点
14サトウキビ畑 (1024x575) 15国仲交差点 (1024x684)
(左)まるよし入口 (右)チェックインカウンター
16まるよし入り口(1024x768) 17 食堂3(1024x575)
 


 
トップに戻る

マイペース伊良部旅その2
「まるよしに着いてから」で出会える景色や旅の目印を紹介します。
 

仲地橋からの入り江 美しい水面は鏡のようです 

02仲地橋入り江 (1024x575) 03仲地橋入り江2 (1024x575)
(左)伊良部橋からの入り江 (右)乗瀬橋からの渡口

05伊良部橋入り江2(1024x576) 06渡口 (1024x576)
(左)渡口の浜 (右)乗瀬(ヌーシ)御嶽

07渡口の浜 (1024x640) 11乗瀬御嶽 (1024x576)

巨石墓 
製糖工場から東へ上る道の左手にあります

12巨石墓 (1024x684) 13巨石墓2 (1024x684)
(左)フナハ井戸 (右)シモジスーパー
伊良部集落の中心にあります

14フナハ井戸 (1024x684) 15シモジスーパー (1024x687)
(左)マルキスーパー 
伊良部橋の近くにあります (右)宮の華酒造

16まるきスーパー(1024x684) 17宮の華酒造 (1024x684)
伊良部大橋

19伊良部大橋 (1024x575) 20伊良部大橋2 (1024x575)
(左)渡口の浜南の
ビーチ 綺麗なイモガイが見つかります
(右)渡口の入り江 サンゴや二枚貝が拾えます
22渡口の浜南のビーチ (1024x684) 23渡口(下地島) (1024x576)



(左)仲地御嶽 (右)手登根商店
夕日を見に行くには手登根商店の脇の道を行きます

25仲地御嶽 (1024x684) 26手登根商店 (1024x575)


(左)たいこばし (右)夕日ポイント 
てぃだの郷の向かいです

28たいこば2(1024x548) 29佐和田夕日ポイント (1024x576)
佐和田の浜の夕日

30佐和他の浜日の入 (1024x684) 31佐和他の浜日の入2 (1024x684)
(左)入り江の夕焼け (右)たいこばし付近

32入り江夕焼け (1024x684) 33入り江江夕焼け2 (1024x684)
トップに戻る
 

マイペース伊良部旅その3
「自転車に乗って伊良部を体感」で出会える風景や旅の目印を紹介します。


(左)伊良部のまもる君 
長山・白鳥線と伊良部線の交差点に勤務中(右)牧山への農道
01-2まもるくん2 (1024x647) 02牧山への農道交差点 (1024x601)

(左)牧山への農道 
展望台へは突き当たりを左折します(右)牧山の鉄塔
03牧山への農道 (1024x615) 04牧山の鉄塔 (1024x576)

比屋地(ピャーズ)御嶽
06-1ピャーズ御嶽2 (1024x598) 06-2ピャーズ御嶽 (1024x642)
牧山展望台
07-1牧山展望台 (1024x684) 07-2牧山展望台2 (1024x620)

牧山展望台から
08-1牧山展望台から (1024x589) 09牧山展望台からの大橋 (1024x573)

(左)牧山壕入り口 (右)牧山壕先端

10-1牧山壕入り口(1024x533) 10-2牧山壕(1024x576)
豊見氏親氏墓碑
11-1豊見氏親墓碑 (1024x576) 11-2豊見氏親の墓碑 (1024x651)

(左)サバウツガー (右)サバ沖

20-1サバウツガー (1024x567) 21-1サバ沖 (1024x576)
サバ沖
21-2サバ沖2 (1024x564) 21-3サバ沖3 (1024x573)
(左)三角点入り口 
自転車の後ろの木の間をはいります(右)三角点目印
22-1三角点入り口 (1024x576) 22-0三角点目印 (1024x751)
三角点からからの絶景
22-2三角点 (1024x576) 22-3三角点2 (1024x576)
22-4三角点3 (1024x576) 22-5三角点4 (1024x576)

フナウサギバナタ(左)展望台 (右)展望台遠景

23-1フナウサギバナタ (684x1024) 23-2フナウサギバナタ (1024x636)

 フナウサギバナタ付近のビーチ
 24フナウサギ下の海 (1024x626)


西海岸
25-1西海岸 (1024x557) 25-2西海岸 (1024x579)
(左)白鳥崎西のビーチ (右)佐和田の浜東のビーチ
26白鳥西の海岸 (1024x575) 27佐和田東の浜 (1024x575)
(左)黒浜御嶽付近のビーチ (右)リアルサシバ滑り台
28黒浜御嶽付近の浜 (1024x612) 30サシバ滑り台 (1024x638)
 
トップに戻る

マイペース伊良部旅その4
「自転車に乗って伊良部を体感」(下地島編)で出会える風景や旅の目印を紹介します


(左)ゴルフ場 (右)下地島渡口の浜近くのビーチ

01ゴルフ場 (1024x576) 02渡口 (1024x620)
(左)下地島一周道路(旧道) (右)ピサピシ

03下地第2シュガーロード1 (1024x641) 04ピサピシ2 (1024x632)

(左)イケノプカ (右)中の島海岸

05イケノプカ (1024x601) 07-1中の島(1024x573)

(左)中の島海岸 (右)アッタバサマ

07-2中の島2 (1024x576) 08アッタバサマ3 (1024x704)
(左)カッフィ (右)通り池からのピサラブ
09カッフィ (1024x632)  10-0通り池から (1024x630)
なべ底
10-1なべ底 (1024x576) 10-2なべ底2 (1024x575)

(左)なべ底(右)キドゥマルィ

10-3なべ底3 (1024x576) 21-1キドゥマルィ (1024x637)
(左)キドゥマルィ (右)下地島空港
21-2キドゥマルィ2 (1024x610) 30-2下地島空港3 (1024x576)

下地島空港夕日

31-1下地島空港夕日 (1024x681) 31-2下地島空港夕日2 (1024x680)
(左)下地島空港夕日 (右)魚垣(カツ)
31-3下地島空港夕日3 (1024x684) 32魚垣 (1024x613)

(左)佐和田の浜 (右)佐和田の浜夕日

33佐和田の浜 (1024x576) 34佐和田の浜夕日2 (1024x684)
入江の夕焼け

35-2入り江夕焼け (1024x623) 35-2入江夕焼け3 (1024x618)

下地島の花
40-1下地の花6 (1024x576) 40-3下地の花3 (1024x715)
トップに戻る

↑このページのトップヘ